UZUのYouTube

2020年ロードバイクを初めて

どうもUZUです。

久しぶりのブログ更新になります。

2020年は6月からロードバイクを始め現在2020年10月、4ヶ月程よく乗り続けています。9月末には富士ヒルクライムというイベントも経験し、10月には茨城の霞ヶ浦1周も行ってきました。

昔からやっているYouTubeも新しい自転車専門チャンネル(UZUの自転車)を作り、有り難いことに地元の方を中心に多くの方に観ていただいてます。

何も知らずに始めたロードバイクですが、サイクルショップの方やYouTubeのコメントで色々教えてもらい、今ではある程度の知識は得られてかなと思ってます。まだまだ間違いをしては突っ込まれてますがw

乗り始めの頃は山を自転車で登るってのが信じられないくらい辛くて、何度も地元の山で足を付きながら走行してましたが、何度も坂道を経験すると登れるようになるものですね。自分自身驚いてます。

今は時間があればロードバイクに乗って近隣を中心に走ってますが、今後は様々な場所で安全にロードバイクに乗れればと思ってます。

動画配信者らしくその時にしか無いその場所の景色を動画で記録していきたいと思います。

2019年に挑戦するもの

どうも!UZUです。

2018年12月は忙しく過ごせています。

1日から地元のカフェでYoutubeキッズ講座をはじめて開催し、翌日には越谷で行われた産業フェスタでの撮影!その週にGoProの総代理店タジマモーターコーポレーション会長田嶋さんとの会食!

翌週には2019年から可動するYoutube事務所との契約で大阪に・・・・関東に帰ってきてからはYahoo!クリエーターズの忘年会ということで都内のイベント会場へ・・・

Yahoo!クリエーターズ

https://creators.yahoo.co.jp/uzumax/0300004972

12月の後半に入ると新しいゲーム(おもちゃ)の発表会の撮影に呼んでいただき、今後も継続的に興味のあるイベントがあったら撮影にきてほしいと言っていただきました。その撮影終わりに電車で帰宅途中に2019年最初のお仕事の依頼が別のところからも・・・・

本当に色々とお誘いいただけるようになりました・・・Youtubeで自分を露出しているので企業からは声をかけやすいのかもしれませんね。

ただ私としてはYoutubeを中心に小学館とYahoo!の仕事を今は一番に考えているので、その他の仕事は本当に自分がやりたいと思うもの以外は、セーブしようと思っています。やはり何でも受けてしまうと、作業がやりきれません。

Youtubeの動画も以前に比べて時間をかけて用意するものも増えていますし、メーカーからの案件もたくさん頂いています。

2019年は新しく始まるYoutube事務所FANMAKEに加入してどうなるか分かりませんが、2018年以上に色々な事に挑戦できたらと思っています。現在は個人でセミナー系や撮影案件を受けている状態ですが、これらのお仕事が事務所を通して上手い形になると良いのですが・・・。

あ!・・Yahoo!クリエーターズも気に入ったCreatorを登録できるようになったようです。もし動画をご覧になって気に入っていただければ「フォロー」よろしくおねがいします。

Yahoo!クリエーターズ活動を一ヶ月終えて・・・

どうも!UZUです。

11月からはYahoo!の新しい動画サービスのメンバーに加えていただきました。

今まではYouTubeを中心に活動していましたが、新しいプラットフォームで動けることに感謝しています。

これも今まで私のYouTube動画を見てくれている視聴者様あっての、お仕事ですのでありがたいです。

さて、そのYahoo!クリエーターズなのですが、やはりYouTubeとは色々と異なる点が多く感じれます。

①YouTubeと違って短い動画が好まれる。

②音が無くても楽しめる内容が好ましい。

③情報は正確にまとめたものが良い。

と言った感じでしょうか・・・まだ一ヶ月ではなんとも言えませんが、少なくともYouTubeのように変に冗談を入れたり騒いだりするのは違うかなぁって感じます。

Yahoo!のサービスを利用する方がYouTubeに比べて年齢層が高いというのも理由だと思いますし、記事や動画はどちらかと言うと楽しむためではなく、短い時間で正確な、そして新鮮な情報を手に入れたいと言う層が多いかと感じます。

https://creators.yahoo.co.jp/uzumax/0300001466

サービス開始から一ヶ月経過して、動画Creatorもだいぶ増えてきたみたいですね。

色々な方の動画を見るのも楽しいです。

パターンとしては

・元々、文字を仕事とする方たちの写真とテロップを中心とした情報の伝わりやすい動画。

・YouTuberとして活躍している方たちの、YouTubeと同じ様なパターン。

・おもしろ系ではテレビで使われるようなベタな演出だけど、どこか新しい時事ネタ番組。

などなどホント、色々な表現方法があって楽しめます。

私はYouTubeは自由に自分の好きな事を好きなように楽しんでいますが、Yahoo!クリエーターズの方はお仕事として意識しながら、動画を作り続けていきたいと思います。

やり方に関しては今後も変化はあると思うのですが、動画を作ることを楽しむという自然スタイルは崩さないように心がけていこうと思います。楽しんで続けられないと見る方にもバレちゃいますからね(*´ω`*)

という感じで、普段私のYouTube動画を見てくれている方は

「あれ?なんでUZUさん喋らないの?」

「もっと説明してほしいし、面白いことやってほしい」

と思われると思いますが、私個人としても色々な表現を探るのは楽しいのでYahoo!クリエーターズはYouTubeとは違った動画作りを目指します!

もちろんYouTubeで同じネタ(商品)を紹介することも多くなると思われますので、情報をもっと欲しい方!ふざけた演出を見たい方はYouTubeの方で楽しんでください!

まだまだ始まったばかりのサービス!

Yahoo!から「おまえ、もういらないよ」って言われないように頑張っていきます!

YouTubeでカメラの話をする時に!

どうも!UZUです。

最近色々なカメラメーカーやレンズメーカーから商品をお借りしてYouTubeでレビューすることが増えました。

私の普段の動画は自宅の部屋で定番の構図でお喋りするのがオーソドックスなのですが、カメラやレンズの感想動画の時は、外で撮影した映像を使うことが多いです。

その理由と考え方なのですが、カメラやレンズは小学館のDIME編集部を通してお仕事としてメーカーから借りています。

「こんな形してます」

「こういう機能があるんですよ」

などと自宅でお話だけしても申し訳なく感じてしまうんですよね・・・・

なので実際に使ったところを動画でお見せして、実際に撮れた写真も公開しています。

それともう一つ!撮影が好きな人って、何処に撮影に行ったら良いかで悩む事が多いと思います・・・

先日、埼玉県日高市の「巾着田 曼珠沙華まつり」の撮影に行って、TwitterやYouTubeを見てくれている方が同じように現地に足を運んでくれた方が何人かいました。たまたま一番旬な時に行けたというのもあるのですが・・

そう言った撮影地の参考にもなると良いなぁと思い、最近は外の撮影風景を動画に入れています。

ただこのやり方は当然ですが非常に非効率的で、撮影する場所まで行って一人で写真と動画を撮影するのですごく手間ですし、時間がかかります。動画によっては1つのYouTube動画を作るのに8時間(移動時間込み)以上の労力を割くこともあります。

普段のおしゃべり動画だけなら撮影編集からYouTubeへのアップロード含めて2時間もかかりません。

時間をかければ人気の動画になるというものでもないので、完全に自己満のカメラレビューになってしまいますが、私自身も色々なカメラや機材で撮影できるのも楽しいし、見てくれる人も楽しめると思うのでこのスタイルは出来る限り続こうと思ってます。

まだ色々と大変な部分もあって遠方に撮影に行くことは叶っていませんが、もし出来るようになれば日本全国回って色々な撮影を行いたいなって夢があります!

これからも楽しく解り易いYouTube動画を作っていこうと思っていますので、見ていただける方は今後共よろしくお願いいたします。

 

フルサイズ機の必要性!

どうもUZUです。

デジタル一眼レフカメラにハマって15年ほど経ちました。

初めて自分で購入した一眼レフカメラは「EOS Kiss DIGITAL」でした。当時レンズセットで149,800円だったと記憶しています。決して安い買い物では無かったのですが、当時は独身だったので、このくらい平気だろうと何も考えずに購入したのを覚えています。

その後調子に乗って小型ノート PCを購入しA3プリンターも買いました。本当に家族を持ったパパさんとしては夢のようなお金の使い方でした。

15年の間に一眼レフカメラを3台、ミラーレスカメラを2台、ハンディカムを1台、GoProを2個、ドローンを1機・・・・ちょっと書き出すと買ってますね・・・・(汗)

現在はCANONのEOS 70DとPanasonicのGH5をメインに風景写真を撮影しています。広角レンズも標準レンズも望遠ズームレンズもあって自分の撮影範囲では何の不自由も無く楽しめています。

ただ最近問題が出てきました。

雑誌社さんにレビュー用と言うことで色々なレンズを借りる事が多くなりました。

そうすると問題になるのが、フルサイズ機が手元にないんです。

お借りする殆どのレンズは本来フルサイズ機で使うと最適なものが多く、動画を見てくれている方からその事を指摘されるコメントが多いのです。

私としてはフルサイズ機に最適化されているレンズをAPS-Cで使うとこんな感じですよって言うのを見せたいのもあって、堂々と動画を公開しているのですが・・・・やはりみなさんが、仰るようにせっかくならフルサイズ機で撮影もしたいとも思うんです。

中には「レビューするのならフルサイズ機も一緒に借りればいいじゃん」って言うご意見もあるのですが、貸し出すメーカーも常にカメラ本体をスタンバイしているわけでは無いんですよね・・・・

そうなるとやはり私自身がフルサイズ機を1台持っているのが一番良いのだと思えます。

ですが、家族と一緒に生活している以上フルサイズ機を簡単に購入は出来ないんです。

私の使用環境でもっとも手に入れやすく実用的なのはCANONのEOS 6Dmk2なのですが、それでも15万円ほどのコストがかかります。

旧型のEOS 6Dなら9万円ほどなのですが、流石に古いカメラになってしまうし・・・・

じゃやっぱりEOS 6Dmk2だなってなるんですよね。ファインダーの問題やダイナミックレンジの問題がネットなどで取り上げられていますが、利用している方の何人かに話を聞いても問題ないって言ってくれるし、私は風景撮影メインだからファインダーの問題は大丈夫かなって・・・子供の運動会とかは70DかGH5で十分綺麗に望遠に強く撮影できますし!

本当はEOS Rがほしいけど流石にボディに20万円オーバーは、今の私の資産からはかなり厳しいので・・・・そもそもRFレンズの購入まで考えると妻が所持している書類で一気に離婚確定になるし・・・いや・・・それは6Dmk2でも同じか・・・・

と言った感じで非常に悩ましい状況になっております。

今後もレンズのレビューは行う予定ですが、しばらくはフルサイズ機は難しいので、APS-C機で申し訳ないのですが続けさせていただこうと思います。

いずれはフルサイズ機でのレビューを出来るように頑張りますので、今後共宜しくおねがいします。

YouTube始めた頃と今の違い

どうも!UZUです。

タイトルのままなのですが・・・2018年現在、YouTubeの動画を作ることに関してスタイルが少し変わってきた気がします。

まず投稿を始めた2013年は本当に、仕事終わってから気楽に動画を撮影し簡単に編集しYouTubeにアップロード!

その動画を自分で見て楽しんでました。

次第にファンが付いてくれて、5,000人・・・10,000人と・・・

この頃は1000人増える毎に普段呑まないのに、自分でお酒を買って家で呑むという変な行動をしていましたw

そして20,000人・・30,000人・・・だんだん視聴者の数が増えてきて、この頃からちょっと高額な商品のレビューも増えだしました。

この記事を書いている時点では約45,000人のチャンネル登録者がいます。

今でも動画を撮影したり編集したりが楽しくて深夜や早朝に時間がアレばカメラやMacをイジってますw

そして2018年4月より小学館のDIME経由で商品を定期的にお借りして、色々とレビューもさせていただいています。

2017年までは、どちらかと言うと1人で好きにやっているYouTubeなので撮影も適当!編集もあっさり!そして楽しく続けているだけ!と言うスタンスでした。

楽しく!ってところは今も変わりません。

ですが、最近はあまりにも適当なだけじゃ駄目じゃないかと考えるようになりました。

そこで変わったのが、動画を撮影する前に文字起こしをするという事です。

そうは言っても毎回ではなく、出来る限りという範囲ですが、やはり動画でこれだけ多くの方に視聴していただけるようになると、間違いや勘違いが多いと影響が出てしまうと思ったからです。

それと照明も以前は全く気にしていなかったのですが、レビュー用に頂いた照明を使って少しでも均一に明るく映像が見れるように工夫するようになりました。

これからも撮影方法や話し方を変えることは有ると思いますが、動画を始めた最初の気持ち

「自分が楽しく続ける」

って事を忘れずに動画配信を続けていきたいと思います。自分が楽しめなければ、視聴してくれる方も楽しい訳ありませんからねw

 

撮影交流会も現在2回ほど行いましたが、来てくれた方からは「ゆるい感じ」がUZUらしいという事で喜んでいただけています(^o^)

YouTubeは今後も1人でネタを考え、撮影し編集するスタイルだと思いますが、実はYouTube以外に動画配信のステージが増える予定です・・・そちらは撮影編集は基本は1人なのですが、企画提案や動画のチェックなど他の人も関わるもものになるので、緊張感をもって動画を作りたいと思いますw

まだ公に公開できる情報は無いのですが10月に普段YouTubeを見てくれている皆さんに情報公開したいなぁって思っています。

これからもマイペースに動画を用意していきますので、今後共お付き合いいただける方はよろしくお願いいたしますm(_ _)m

第2回 UZUの撮影交流会 

どうも!UZUです。

前回は「浅草」で行った撮影交流会!撮影ほとんどしないで、おしゃべり中心になってしまいましたw

でも来ていただいた方々は楽しかったと言ってくれて良かったです。

やはりカメラが好きな人が同じ場所に集まってお話したり撮影したりするのは楽しいですよね。

で、そのときに思ったのがやはり、ある程度テーマがないと撮影しにくいのかなって・・・1回目では漠然と浅草を撮影すると言っただけだったので、例えば「赤い物」「乗り物」などの縛りがあった方が撮影しやすかったかなって・・・

そこで第2回!は「羽田空港」にしました。

ここではおそらく飛行機が中心になるし、空港内の食べ物や飲み物になるかも知れませんが、ある程度範囲を絞って撮影できると思いました。

私自身、この発表をする前に一度羽田空港で飛行機を撮影してきたので、現場の雰囲気や撮影ポイントを事前に下調べすることが出来ました。

9月15日開催ということで、このブログを書いている2週間後くらいのイベントですが、今から今回はどんな方々が来てくれるのか楽しみです。

当日は12時からとお伝えしていますが、私は家からは結構時間のかかる場所なので、もしかしたら前日にカプセルホテルを利用するかも知れません。

今回は一眼カメラで望遠ズームを利用している方が楽しみやすい場所ではありますが、私とただお話をしたいという方でも歓迎ですので、自分は一眼カメラ持ってないから行けないなんて思わず、気軽にお越しいただけると嬉しいです。

もちろん、今まで一眼カメラを使ったこと無いけど、どうやって始めたら良いか?とか使い方がまだよくわからないって言う初心者の方も大丈夫ですよ!

UZUの撮影交流会に関しては今後も定期的に色々な場所で開催したいと思っていますので、今回場所が遠くて参加できないという声も多く頂いております。後々は西日本や東北や北海道での撮影交流会も行いたいと思っていますので、そのときは宜しくおねがいしますm(_ _)m

オクトパストラベラーが100万本!良いものは売れる!

どうも!UZUです。

タイトル発表のときから注目していたスクエアエニックスのRPG「オクトパストラベラー」

売れてますねぇ!嬉しいです。

発売してからも私のYouTubeチャンネルで10時間毎のプレイ感想動画を公開して楽しませていただいてます。

おじさんのプレイ感想なんか、そんなに興味ないかと思いきや意外と人気のシリーズになってしまいました(*´ω`*)

このブログを書いている時点で60時間ほどのプレイ時間を経過したのですが、まだまだ楽しめそうです。

Nintendo Switchのオリジナルタイトルとしては「ゼルダの伝 ブレスオブワイルド」「ゼノブレイド2」に続く人気RPGになれたと思います。

グラフィックは20年以上前に遊んだドットベースでありながら、新しい映像表現を加えた進化型になっていて昔を懐かしみながら新しいゲームをプレイしている感覚になれます。

驚いたのは最近は「スカイリム」「ウイッチャー3」などの海外RPGの完成度に驚かされてばかりだったのですが、このオクトパストラベラーは海外でも非常に売れているということです。

日本の昔ながらのRPGが世界で受け入れられるのは本当に嬉しいですね。

さてさて、このゲームの感想は自分のYouTubeチャンネルで散々喋っていますので、ご興味の有る方は是非御覧くださいませ。

時間ごとに感想を上げているのでプレイ中の方は、自分の進行具合に合わせて見ていただけると、より楽しめると思います!

この様な素晴らしいゲームを生み出してくださった制作関係の皆様に感謝とともに、オクトパストラベラーのさらなる売上を期待し私もまだまだプレイし続けようと思います。

最近のYouTubeの案件事情【2018年7月版】

どうも!UZUです。

ここ最近、YouTubeのチャンネル登録者も地道に増え、ようやく4万人超えとなりました。

企業などからのメールによる問い合わせも少し変わってきて、以前は商品提供だけでというパターンが多かったのですが最近は、制作費用はいくらになるのかと言う提案も混じってきました。

 

おそらくYouTube事務所のuuumなど影響もあるともうのですが、商品紹介には費用が請求されれと言うことを企業も理解してきたのだと思います。

ですがここで問題となるのが、完全に個人で動画活動をしている私にとって自分の動画の価値価格設定がわからないということなんです。

単純な商品紹介ならば1動画に関して、最近協力させてもらっている小学館のDIMEからの報酬額に合わせると良いのかなって感じなのですが、稀に作成したYouTube動画の二次利用やイベント参加費用などを求められると、全く価格設定がわからなくなります。

特にYouTubeで案件を受けている場合、視聴者層や再生回数に応じて個人価値が変わると思うので今の自分がどの程度のものなのか、わかりかねています。

ただYouTubeは事務所に所属していて人気のある方や影響力のある方など高額で案件を受けている人がいると思うと、あまり手当たり次第に安請け合いをしない方が良いとも思っています。

デザイナーやイラストレーターの方がよく大変な仕事を安請け合いしてしまい本人の価値を落とすだけでなく、同じ仕事をしている人の商品価値まで下げる結果になり、大事な平均報酬額が低下してしまうと言うことを聞い事もあります。

先日、無名のメーカーからイヤホンのレビューを提案されたのですが、制作費に関して回答したら予算オーバーと言うことで諦められました。ですが、これで良かったと思います。一定の報酬額無しで案件に協力してしまうと他にコストを割いて依頼してくれている企業に申し訳ないと思いますし。

インフルエンサーマーケティングというのは最近になって注目されているビジネスですが、まだまだ裾野が広く固定的なフォーマットが出来ていないので上手く回るようになると良いなって思います。

なんだかんだ書きましたが、相変わらず私のYouTubeに対するスタンスは自分が面白いと思うものをお話することが第一なので、楽しくゆるく続けていこうと思います・ω・

いつも見て下さる皆様には感謝感謝でございます。

Surfaceの新型は手の出しやすいエントリーモデル?

どうも!UZUです!

以前はよくSurfaceのネタをYouTubeで扱っていましたが最近はすっかりご無沙汰でした。

先日2018年7月9日にマイクロソフトがSurface Goの発表をしたので私のYouTubeチャンネルでもお話してみました。動画を撮影したときにはネットニュースの記事に目を通した程度で用意してしまったため、日本での発売日や価格に関して誤解していました。結局編集で間違った部分はカットするはめにw

でもどうなんでしょう?確か日本版のSurface Goは日本仕様のOfficeソフトを入れるため価格が2万円ほどアメリカのものよりも高く設定されています。

コレに関してはOffice無しでも構わないという人もいるはずなので、2タイプ用意してくれると助かるんですけどね。

CPUはCore M3に近い性能?と言われているPentiumGold4415Yを搭載されているそうですが、動画編集や画像の多層レイヤー作業は苦手そうですね・・・そうは言ってもネット閲覧やメールのやりとり、文書作成なら活躍してくれそうです。

外回りの多い営業職の方や軽作業でノマドワークされる方にはピッタリの端末だと思います。

実際この使い勝手でアップル製品で並べるとiPadというよりスマートキーボードカバーが使えるiPad Proの方が近い気がします。そうするとCPUの性能差の影響か、価格差がはっきりと出るのでSurface Goのほうがコスパは良いように感じますね。

私は外で使うデバイスとしても動画編集ができる端末が好ましいので今回のSurface GOは手を出さないとおもいますが、確実にこのデバイスの価値を活かせる人はいると思います。

確かLETバージョンも発売するはずなので、ますますビジネスでSurfaceを利用する企業が増えそうですね。