プロの写真家とアマチュア写真家

どうも!UZUです。

いやぁ撮影が楽しいですね(*´ω`*)今年は毎週?毎日?色々な風景を中心に撮影しています。

 

たまたま3月は都内と神奈川に毎週通っていたので夜景や桜をガンガン撮影できました。撮影出来る日には朝から晩までご飯もまともに食べずに撮影に明け暮れています。

そんな事をしていたら撮影のポイントがなんとなく解ってきて、そして解らないところも出てきて、ますます面白くなってきました。

私は元々家電量販店時代にデジタル一眼に興味を持って自ら所持し接客し販売していました。その為カメラのスペックや基本的な機能はメーカーさんに教わりながら詳しくなりました。

しかし撮影に関しては素人で本を読んだり自分で出かけて、山や海を撮影しているベテランのオジサマに教わったりしながら基本を覚えた感じですw

YouTubeではカメラの話もよく扱うので、たまたま撮影しているところで私を知っている方に声をかけられるとプロの写真家だと勘違いされてしまう事もあって恥ずかしい思いをすることもしばしば・・・・

そういった事が理由の一つでもあるのですが、今は空いている時間にひたすら写真を撮影して経験値を増やしています。やはり数をこなすとどういった状況でどのような写真が撮れるのかとか、この被写体にはこの構図やレンズが面白いのではないかとか直感も鋭くなる気がします。

そうそう!今回話したかったのはプロとアマチュアの話でした!

 

ちょっと前に読んだブログ記事で

「写真家は誰でも名乗れる。撮影する事によってお金を貰えるプロ写真家で、お金にはならないけど写真は好きなアマチュア写真家」と言うのを見ました。

そのブログでも現在はプロの写真家よりも良い写真を撮るハイアマチュアが多くなったとも言われてました。

なんの世界でもプロとアマチュアと分けられますよね。

共通して言えるのはお金を稼ぐプロって言うのはクライアント(お客様)の満足いくものを毎回安定して収められる人だと思ってます。その為には要望に答える道具と言うものが必要になります。

カメラの世界ならポートレートや物撮り専門のプロならスタジオが必要でしょうし、高額な外部ストロボ、風を起こす機械や画像処理に最適なモニターやコンピュータが揃ってると仕事を受けやすくなるはずです。

もっとも通常はプロのアシスタントなどを経験して必要な機材は独立してから揃えていくのが普通でしょうけど、結局高額な機材が必要になります。

私が以前訪れたWeb販売用の着物を撮影するカメラマンの方とお話した時に、

「僕らはモデルさんとのコミュニケーションなんていらない。ただ与えられた商品を必要なカメラや設備で毎日撮影するだけだ!」とおっしゃっていて、変な印象を受けたことがあります。

コミュニケーション能力は必要ないモデル撮影もあるんだと思い驚きました。たまたまそのカメラマンが変わっていたのかもしれませんが・・・

それでも報酬を得ているのですからプロなんですよね。

 

ハイアマチュアの方はどうかと言うと、自分が撮りたいものを撮ります。ほんと自由です。

クライアントがいないからですね。

なので、自分が撮りたい被写体に対して必要な機材だけ揃えればOKです。

それなので、プロでは無いけどセンスがあれば素晴らしい写真を撮れます。

その代わり良い写真が撮れるからと言って、「じゃ、今度モデル撮影してよとか、料理撮影してよ」と言われても対応できないのがアマチュアです。その為に必要なレンズや照明を始めとする機材が無いからです。

 

カメラの世界でも芸術家なのか?デザイナーなのか?って言う考え方は当てはまるなぁって思いました。

 

あと、レンズ沼や三脚沼という言葉があります。

コレはカメラにハマった人が「あっちのレンズならもっと良い写真が撮れる!こっちの三脚ならもっと写真が撮りやすくなる」と考え次々と手を出してしまう状態ですよね。

コレはコレで楽しいから素敵だと思います。お金があればw

でも撮りたいものが決まってきたら実際に使うレンズやその他の機材は絞られます。

限られた条件でも常にクライアントの希望に答えなければならないプロでない限り素敵な写真は自分の持っている機材だけで撮影できます。

先日、普段は標準ズームしかないからと言って写真撮影には使わなかったGH5で一日中都内を撮影してきて見ました。

結果、面白い写真が結構撮れました。

もちろん自前のCanonの様に望遠レンズや広角レンズがあればもっと使い分けはできたとは思いましたが、標準ズームならコレは撮れるって言うのを考えながら撮影するのが楽しかったです。

あ、でも浅草で撮影してる時にたまたま3組の海外の方を撮影させてもらったのですが、ココは50~100mmの大口径レンズ欲しかったなぁ!とかちょっと悔しい撮影はありましたw

カメラ機材にお金を自由に使えるパパさんって本来なかなかいないですよね。

私もそうです!

今ある環境で何が出来るかを考えて撮影を楽しんでいこうと思います。

自分の撮影スタイルというのを模索しながら自信をもってYouTubeで写真家YouTuberですって言えるようになりたいな(*´ω`*)

Canonのカメラを使い続けていて気になるSONY

どうも!UZUです。

Canonのデジタル一眼レフカメラを使いだして15年ほどが経ちました。

EOS Kiss Digitalを仕事でためたお金で購入しカメラの楽しさを知ってしまい、2年後にはEOS20Dを購入!

結婚するまでの3年ほどは趣味で自由に色々なものを撮影していました。

結婚してからも1年後には妻に内緒でEOS40Dを購入し、1週間後・・・小さい娘に離乳食を与えている時にバレて凄い勢いで怒られショッピングモールからの無言の帰宅をしたのがまだ最近のようにも思えます。

結婚後は娘を撮影することばかりになってしまいましたが一眼レフカメラのお陰で沢山の娘のきれいな写真を撮影することが出来ました。

その後、YouTubeにはまり動画撮影機が欲しくて当時処分品として価格が下がっていたSONYのNEX-5Rをこっそり購入して初のミラーレス機のコンパクトさに驚きながら幼稚園児になった長女を撮影していました。まぁこの頃から一眼カメラはほとんどは動画撮影ばかりになっていましたが・・・

娘の運動会や発表会では相変わらずEOS40Dを活用していました。やはり高性能な望遠ズームレンズを持っている為、スチル撮影のメインはCanonでした。

YouTube活動も2年目になると新しいCanonの一眼レフが欲しくなりEOS70Dを思い切って購入!これでスチル撮影も動画撮影もCanonの一眼レフがメインとなりました。

妻に黙ってカメラを買うこと3回目ですね!

このEOS70Dは家族でお出かけした華蔵寺公園で購入したことがバレました・・・このときは流石に即帰宅はなかったのですが、家に帰ってから絞られました。

このEOS70DはPanasonicのフラグシップモデルDMC-GH5を購入した今でもスチル撮影の主戦力となっていて、いつも持ち歩いています。

あ・・妻に内緒でカメラを購入も4度目(もう病気です)でしたが・・・この時は離婚届出されました(T_T)流石に不味かったです。

もう妻は記入済みなので次は・・・・・・・・

そうそう!ここでSONYの話です・・・・

最近、写真家やハイアマチュアカメラマンでCanonを使っていた人が追加、もしくは乗り換えでSONYのα7に変えるというのをよく聞きます。理由は人それぞれですが、フルサイズでセンサーも優秀!AFの追従性能も新型のα7RⅢでは評価の高いNIKONのD850に迫る性能と言われています。

私もSONYのα7Rとα7RⅢは実際に使わせてもらったことがあるので解るのですが、特に現行モデルは凄いと感じます。初期型は本体内手ぶれ補正が無かったり、AFもコントラストAFしか無くて(α7は初期モデルもファストハイブリッドAF搭載)ちょっと偏ったカメラだなと思っていたのですが超進化しましたね(*´ω`*)

私は最近は風景撮影を主にしているのですが、そうなるとやはり欲しくなるのはフルサイズ機です。ここで贅沢な悩みが発生するわけですねw

EOS5Dmk4かα7RⅢか(T_T)

正直この2台が理想なのですが現実的には

EOS6Dmk2かα7Ⅲ

と言う選択になると思います、←これも厳しい

ここで問題になってくるのが、レンズ資産です・・・・カメラを初めてまだセットレンズしか持っていないのならともかく、私の場合はレンズだけで40万円相当・・・ストロボもあるし・・・

となると簡単には乗り換えできないんですよね・・・・カメラを追加購入という贅沢な考え方も出来るのですが、PanasonicのGH5を所持していて解ったのですが、一般のお父さんが複数メーカーのカメラを持っていてもレンズやアクセサリーは揃えられないんです。

結局私もPanasonicのレンズは本体と一緒に購入した標準ズームレンズが1本あるだけで追加できていません。そんなお金があればCanonのレンズをもう一本増やしてしましますw

こんな感じで他メーカーに乗り換えるのがやはり難しいのが現実なんですよね・・・・・

でも実際CanonのEOS6Dmk2で風景写真を沢山撮影している写真家の方もいますしSONYに一度は乗り換えたけどまたCanonに戻ってきたという方もいます。無理してSONYに乗り換える必要は無いんですよねw

あぁ・・・でもいずれフルサイズ機を購入しようとしたら、また悩むことになりそうです。

山から見える梅林を撮影してくて!

どうも!UZUです。

新聞の記事で地元の梅林公園の写真が載っていて、その写真が無人飛行機による写真だったということで面白い感じになっていました。

ちょうど翌日が休みだったので家族でお出かけしようということで足利市の西渓園という場所に行きました。

日曜日ということもあって人が思っていたよりいましたが、駐車場は余裕で停められました。

梅林の入り口まで駐車場から300メートルくらいでしょうか?坂道を登ったのですが、かなりの数の梅の木があってびっくりしました。

道沿いの山を登る形になったのですが、結構道は長くサンダルで来るべきじゃなかったと反省。

娘達は元気でどんどん先に進み妻は足取りが重い。

坂道の先にあった階段を登りきりましたが、その位置からは梅林が見えません。

少し先に進んで平らな場所があったので、そこから持参していたドローンを飛行させて、新聞の写真と同じような位置から撮影してみました。

DCIM100MEDIADJI_0012.JPG

梅は終わり頃の状態でしたが、なかなか綺麗な感じで撮影できたと思います。

この後、妻と長女は先程登ってきた階段のところで地元のおじさんと話をしていたので私と下の娘は反対側のちょっと急な場所に向かってました。下の娘が楽しそうに上まで行きたいというので、付き合うことにしました。

岩が多くちょっと滑りやすそうな足場だったので私がサンダルということと娘が心配なので引き返そうとしたのですが、上から見える景色が気になって、好奇心の方が勝ってしまいました。

結局一番上まで上り先程ドローンで撮影した構図と同じ風景が見れたので満足できたのですが、妻から電話が来て勝手に上に上がって行ってしまったことを怒られました。

山を下って妻たちと合流し駐車場に向かう途中にNikonのDFで梅を撮影しているお父さんがいたので、挨拶したら地元の方でほぼ毎日ここで撮影しているとの事でした。足利市はNikonユーザーが多いんですよw

自分の住んでる場所でこう言った素敵な場所があるのは嬉しいです。

ただ山の道の案内板が解りにくく、もう少し工夫しないと駄目なんじゃないかとも思いました。こういう所が足利市が他所からお客様をもてなすのが下手なんだなって感じるところでもあります。

40歳を過ぎてのYouTube活動!

どうも!UZUです。

40歳を超えてYouTubeで全世界配信してると言う事!

そんなに意識することでは無いけど、やはりいつも見てくれてる人、たまに見てくれてる人、初めて見てくれる人!

様々ですが、YouTubeって全世界配信です。

私の視聴者の中でもブラジルや中国、台湾などから視聴してくださってる方もいます( ˘ω˘ )

英語わからなくてほんと申し訳ないんですけど、、、

以前は全く意識してなかったんですけど、やはり弛んでちゃいけないなぁって思ってます。

どういうことかと言うと、

・身体の衰えを放置!

・新しい事に対する学習を怠る!

程よく歳を重ねてくると、運動しない人はしなくなるし、新しい技術やサービスを覚えるのが面倒になります。

いい歳になると慣れてきた世界の流れに満足して自分を甘やかしちゃうと思うんです。

仕事から帰ったら疲れてるからご飯食べてお風呂入って寝るだけとか、休みの日はお酒飲んでテレビ見ながら過ごすとか!←最近はこう言うお父さんは少ないかなw

それが悪いわけじゃ無いし、そのままで問題ない人もいっぱいいます。

でも、私はYouTubeで自分の姿や考えを公開してます。

なので、やはり意識を持って身体作りと学習を行わないと恥ずかしいかなぁって!

もちろん無理はしないです。

アスリートでもなければ学者でもありませんのでw

最近70を超えた父が毎日仕事から帰るとランニングしてます。

本人曰く健康診断で医者が驚くほどの健康体らしいです。

確かにまだまだキャッチボールも出来るしテニスやスキーも嗜みます。私が子供の頃って70歳と言ったら、運動はおろか走ることも出来ないと思っていたので・・・驚きです!

 

私も適度な運動をして、勉強をして同世代の方たちの代表と言うわけではないのですが、YouTubeで自分をさらけ出している以上は若い子たちにお父さんになっても好きなことで楽しんだり、まだまだ挑戦って出来るんだよってところを示していきたいと思います。

ま、カッコイイこと言っても好きなことしてるだけなんですけどm(_ _)m

最近の撮影事情!

最近は風景を撮影するのが楽しいです。

結婚する前!特に娘が産まれるまでは三脚とカメラを持って突然出かけて日光の半月山や鎌倉から見える富士山とかを撮影して楽しんでいました。

でも娘が生まれると仕事が終われば真っ先に家に帰るし、休みの日も娘と一緒にいたくて一人で出かけるということが無くなってしまいました。

しかしそんな娘も既に小学校の上級生です。パパが近づくと「キモイ」って言うお年頃になってきました。

それだけが理由ではないのですが最近、外に出かけることが多くなったので再び好きだった風景の写真を自由に撮影して楽しんでします。

  

私は家電量販店で長い間カメラ担当!もしくはテレビやパソコンを含め担当していたので機械自体にはそこそこ詳しいという自信はあります。しかし、撮影に関しては誰に教わったわけでもないので基本というものがありません。

本は好きなのでカメラの雑誌や撮影の仕方はよく読みます。そこから得られる知識も大変ありがたいものが多いのも確かです。

でもやっぱり現地に行って自分がこれは面白い画になるんじゃないか?この被写体をどのように切り取ったらカッコイイ画になるのだろうか?などと考えながら撮影して家に帰り、写真現像ソフトのLightroomで調整するのが凄く面白い。

撮影したときのデータをカメラの液晶で確認すると思っていた色でなくても、後処理で鮮やかな色やエッジの効いた写真に仕上げられます。

写真家の方やカメラマンの方からするとちょっと作り過ぎじゃないって言われると思いますが、結局は誰に教わったわけでも無いので自分がカッコイイと思う画を楽しんでいこうと思います。YouTubeと同じで続けていれば何か人に伝えられる形というものが出来るかもしれませんし!

写真の話だけではありませんが、必ず何かをやり進んでいこうとすると厳しい指摘が入ることがあります。もちろん為になることが非常に多いのですが、厳しいことを言われたからって好きなことを辞めるのは勿体無いです!何故そういった事を言われたのかを考えながら、進みましょう!改善が必要なのか?不要なのか?それを決めるのも自分自身ですが歩みは止めるべきじゃないと思います。

 

今はカメラ愛好家!写真愛好家!本当にカメラが一般人にとって身近なツールになっています。

だれでもきれいな写真が撮れる今だからこそ、眠らせてしまうのは勿体無い!

ひたすら自分の好きな写真を撮っていきましょう!

Adobe製品との付き合い

どうも!UZUです。

最近はAdobeのソフトを色々試しながら四苦八苦して楽しんでいます。

私がAdobeの製品を初めて使ったのは実はIllustratorなんです。20歳のころ日本橋の印刷会社でチラシのレイアウト担当をさせていただいていたのですが、その時に使っていたソフトがIllustratorだったんです。当時はAdobeのソフトも今ほど多くはなくてもっとシンプルだったと記憶しています。

チラシ業界もアナログとデジタルが混じり合っていた時代で、私が入社した年は写植機と言うものがまだ動いていました。2年目にはデジタル作業に移行してしまって無くなってしまったのですが。

私は入社して2年ほどはアナログの作業中心だったのでMacを使っての作業はオペレーターの方の担当でした。ところが入社3年目にもなると一人で全部出来たほうが良いということもあり、MacとAdobeソフトを利用することが増えました。この頃にPhotoshopの基本を覚えました。

チラシの会社は5年ほど努め辞めてしまったのですが、ここで学んだことはかなり現在でも役に立っていると思います。

その後は接客業になったのでAdobe製品を使う機会は減っていたのですが、たまに知人に簡単なチラシを頼まれたりお店で使うPOPを用意することもあったので、自分のMacBookには必ずIllustratorとPhotoshopは入れていました。

ここ最近ではIllustratorは年賀状を作るときくらいしか起動してない気がしますが、PhotoshopとPremiereは毎日使ってますね。

写真のだいぶ撮影することが多くなってきたのでLightroomもかなり起動しています。

Adobeのソフトを知らなければ全く使うことも無く人生を過ごすことになったと思いますが、出会えて良かったです。

私はプロのイラストレーターでも写真家でのありませんが、Adobeの製品があったからYouTubeでも色々な素材や話題を作れますし、次々とやりたいことが思い浮かんできます。

実際には人生で付き合うことが無くても何も問題ないソフトですが、出会って使えるようになると人生が少しでも変わるもの!Adobeの製品はそんな感じがします。

自作パソコンを使わずMacBook Proばかり使っているわけ

どうも!UZUです。

最近MacBook Proの活躍は目覚ましいものがあるのですが、反面ずっと使い続けてきた自作PCがお休みになっています。

理由はMacBook Proがどこでも作業ができて、私が必要としている作業を一通りこなせるというところです。

・YouTube用の動画編集

・ブログの更新

・写真の管理加工

このような作業は現在手にしているMacBook Proで十分になってしまいました。

自作PCの方が動画編集やデータの書き出しは早いのですが、肝心の動画編集ソフト「Adobe Premiere」の不調も大きな原因ですね。

Windows10をアップデートしたことにより一部機能が使えなくなってしまい、それがあってから使わなくなってしまいしました。それにしてもこれだけ大きな本体を使っているのに使わないというのは勿体無いのでパソコンの状態をクリーンにして使いみちを考えたいと思います。

流石にMacBook Proでは能力的に不足している部分もあって、動画の編集時にプレビューの処理が追いつかなくなったり書き出しが時間がかかったりと悪い部分も出てきましたし。

 

それにしてもどこでもWeb関連の作業ができるというのは本当にありがたいです。

仕事の休憩時間にYouTube用のサムネイルの作成もできるし、ブログも更新できるし・・・あ、ブログは別にスマホでも出来るんですけどやはりキーボードがあると全然違いますからね^^;

私はBlutooth式のモバイルキーボードを利用していた事もあったのですが、いつも充電を忘れてしまってたのでやはり普段使いはMacBookやモバイルPCが向いているようです。

自作パソコン派の方々から色々とご指摘をいただいた動画ですが、私としては現状の素直な気持ちをお話した動画です(*´ω`*)

けっして今後も自作PCを使わないというわけではなくて必要なときには活躍してもらおうと思っております。結局、性能が良いので自宅での作業効率はこちらのほうが早いですしね。

さて今日も自由に動画を撮影して編集に励みますか\(^o^)/

モンハンワールドをしばらく遊んでいない本当の理由・・・

どうも!UZUです。

YouTubeで語ったモンハンワールドをプレイしていない理由を「表」と「裏」で話しますね^^;

「表」

モンハンワールドはオンラインでプレイする事が前提で遊んでいるので、どうしても遊びにくくなってしまいました。

手伝ってくれる方はいるし、プレイもひと狩りで良いですよって言っていただけるのですが、やはり短い時間だと申し訳ない気持ちになってします・・・・それに集会所に集合して狩りに行ってを2回もすると1時間なんてあっという間に過ぎてしまいます(*´ω`*)

YouTube活動がライフスタイルで溶け込んでしまっているので、その活動に支障をきたすゲームプレイは控えてしまってます。

 

そう!これが表面上の理由です。いや、間違ってはいないんですよ。実際、本当の話です。

 

「裏」

で、ここからがYouTubeで語らなかった理由です!

確定申告・・・・・そう、現在の私の仕事は確定申告を自分でしなければならないのですが、3月5日の時点でまだやってないんですよ・・・・。

2月月末に妻から

「お前!優先順位がおかしくないか?なんでゲームが出来るんだよ!ふざけんなよ!マジで!」

と凄まじい怒られ方をして、PS4の電源をいれる事が出来なくなりました。

これが一番の理由です。表の理由も関係ありますが・・・・

 

ほんとに40歳超えても、子供と同じような怒られ方をしてる自分が情けない^^;

確定申告終えたら、モンハンワールドやグランツーリスモも復帰できると思いますので、またよろしくお願いします!

WordPressを少しずついじりながら・・・

どうも!UZUです。

Ⅰ週間ほど前から自分専用のサイトを作りたくてWordPressを利用し始めましたが、楽しいですね。

まだまだ全然解らないことだらけですが、ブログのページ作ったりInstagramを連動したりとYouTubeとは違った楽しさがあります。サイト全体をもっと見やすくしたいとか、YouTubeのページももっとカッコよくしたいとか思うことはあるのですが、やり方がわからないw

でもブログもInstagramも日頃から更新できるページなので無理せずに続けていきたいと思います。

本当はInstagramもテーマを絞って写真を楽しんだ方が良いのかもしれませんが、今のところは自由に気になったものや日常の写真を撮り続けていこうと思います。結構古い写真を見て懐かしく感じたり思い出すことがあって楽しめるので。

綺麗なお姉さんの写真だけとかにしたいけど、女性に声をかけられない自分には無理だ・・・w

CP+2018に行ってみて!

どうも!UZUです。

今年も行ってまいりました、毎年恒例のカメラの祭典CP+2018

相変わらず綺麗なモデルさんも沢山いました。(EOS 70Dで撮影)

いやいや・・・・カメラですよカメラ!主役は!

今年は女性の写真は程々に新型のカメラを色々と弄ってきました。土曜日で混雑していたのですが順番待ちさえすればある程度触れました。

富士フィルム

X-H1を触ってきました。YouTube動画ではうまく撮影できなかったのですが、ボディは程よい大きさでファインダー、背面液晶それぞれ使いやすく撮影するのにストレスなく楽しめる感じでした。

実際に触ってみて多くのカメラで備わっているモードダイルが無いことに気づきました。

なんでもレンズに付いている絞り、カメラ上部に付いているシャッタースピードダイヤル、感度ダイヤルを回せばそれぞれのモードを変えるのと同じ効果があるので付けなかったそうです。

なるほど!さすがこだわりの富士フィルムって感じでした。タッチ&トライコーナーでは緩やかに動く女性が被写体だったのでAFの追従性は解りませんでしたが、女性にピントが合う速さは満足できるものだったし気持ちのいいシャッターが切れるのも好印象でした。

 

Canon

ここでは新型のミラーレス「EOS KISS M」を試しました。

サイズは小柄ですがファインダー付き!電車の模型が走っているコーナーだったので早速、設定!サーボフォーカスに設定しての連写は秒間7.4コマ。

十分です!さすがはDIGIC8にデュアルピクセルCMOS AFです。軽快に電車の連続カットが撮影できました。

お買い得価格で中級モデルにも引けをとらない撮影スペックなので売れるのは間違いありませんねw

ただ、中級者や上級者が使うとなると操作系はシンプルなので面白みはないカメラになると思いますのでご注意ください。

 

Panasonic

相変わらずGH5も新しいGH5Sと一緒に飾ってあったのですが、やはり今年はG9Proを試しました。

瞳AFがバシバシ決まってくれて踊っているダンサーの写真を撮影するのが楽しかったです。連射性能も私が使っているGH5 よりもパワーアップしてるしAFの性能も向上しているということだったので、効果はしっかり感じられました。

ただ中に使っているセンサーや映像エンジンは同じということでしたので、出来れば早い段階で現行モデルのGH5のAF性能もG9Proと同じにして欲しいところです。

 

NIKON

新型は無いということだったので、新しいレンズを見て終了・・・・

 

SONY

ある意味今回のCP+の本命の一つですね。

Webにも凄いお金を使って広告を載せていましたね・・・どのカメラのページにもSONYが現れるということでSNSで話題になっていましたw

私が試したのは「α7Ⅲ」です。フルサイズでの完成されたミラーレスって言う事で、よく出来ています。SONYのブースは綺麗な女性を撮影できるブースと、激しい動きを撮影するコーナーで別れていたのですが、去年がバスケットを撮影したので今年は女性にしました。

ここでも瞳AFを試したのですが、なんとレンズにボタンがあって今回の設定ではそのボタンを押しながらピントをあわせると瞳AFが作動してくれるという面白い作りでした。しかもそのボタンがカメラを構えている状態で自然と親指が来る位置にあってよく考えられているなって感じました。

SONYは最近プロカメラマン達もどんどん使い始めているので今後が楽しみなメーカーです。私はしばらくはCanonとPanasonicの二刀流で頑張るつもりですが、いつかはSONYのフルサイズを所持してみたいなって思います。本当に魅力的なカメラだしレンズもカールツァイスを始め使ってみたいものがたくさんあります。

 

他にも色々な物を見て触って来ましたが、話が長くなってしまいそうなのでまた後日続きをw