最近は風景を撮影するのが楽しいです。

結婚する前!特に娘が産まれるまでは三脚とカメラを持って突然出かけて日光の半月山や鎌倉から見える富士山とかを撮影して楽しんでいました。

でも娘が生まれると仕事が終われば真っ先に家に帰るし、休みの日も娘と一緒にいたくて一人で出かけるということが無くなってしまいました。

しかしそんな娘も既に小学校の上級生です。パパが近づくと「キモイ」って言うお年頃になってきました。

それだけが理由ではないのですが最近、外に出かけることが多くなったので再び好きだった風景の写真を自由に撮影して楽しんでします。

  

私は家電量販店で長い間カメラ担当!もしくはテレビやパソコンを含め担当していたので機械自体にはそこそこ詳しいという自信はあります。しかし、撮影に関しては誰に教わったわけでもないので基本というものがありません。

本は好きなのでカメラの雑誌や撮影の仕方はよく読みます。そこから得られる知識も大変ありがたいものが多いのも確かです。

でもやっぱり現地に行って自分がこれは面白い画になるんじゃないか?この被写体をどのように切り取ったらカッコイイ画になるのだろうか?などと考えながら撮影して家に帰り、写真現像ソフトのLightroomで調整するのが凄く面白い。

撮影したときのデータをカメラの液晶で確認すると思っていた色でなくても、後処理で鮮やかな色やエッジの効いた写真に仕上げられます。

写真家の方やカメラマンの方からするとちょっと作り過ぎじゃないって言われると思いますが、結局は誰に教わったわけでも無いので自分がカッコイイと思う画を楽しんでいこうと思います。YouTubeと同じで続けていれば何か人に伝えられる形というものが出来るかもしれませんし!

写真の話だけではありませんが、必ず何かをやり進んでいこうとすると厳しい指摘が入ることがあります。もちろん為になることが非常に多いのですが、厳しいことを言われたからって好きなことを辞めるのは勿体無いです!何故そういった事を言われたのかを考えながら、進みましょう!改善が必要なのか?不要なのか?それを決めるのも自分自身ですが歩みは止めるべきじゃないと思います。

 

今はカメラ愛好家!写真愛好家!本当にカメラが一般人にとって身近なツールになっています。

だれでもきれいな写真が撮れる今だからこそ、眠らせてしまうのは勿体無い!

ひたすら自分の好きな写真を撮っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です