どうも!UZUです!

パソコンのゲーム配信プラットフォームのSteamで見かけた「PC Building Simulator」が気になっていたのですが、セール価格で安くなっていたので購入して試しちゃいました!

単純にゲームと言っても工作シュミレーターだから、決められたパーツでフリースタイルで組んで楽しむだけのゲームかと思っていたら、キャンペーンモードでミッションをこなしていく遊びが合ったり、自作パソコンの基礎知識を学べるモードが合ったりで結構充実していました。

特にキャリアモードはメールで依頼を受けてパソコンショップのサポート担当者を疑似体験できるのが面白いです。パソコンで困っている人たちの助けになったりできると充実感もありますw

フリービルドモードでは好きなPCケースやパーツを使って組み上げて、独自の性能テストツールを利用してベンチマークを計れるのが楽しいですよ!

私はうっかり最初のフリービルドモードでのPC作成途中でCPUにグリス塗るの忘れました(*´ω`*)

実際にプレイしてみて思ったのは、パーツがもう少し増えてもいいかなって思いました!

そうは言ってもIntelならSkylake世代からCoffee Lakeまで、AMDならAPUを除くRyzen 第1世代および第2世代のCPUと、Threadripperが選択できる。

なかなか選択肢は多い状態だ!

現在の性能との違いを楽しんだり悲しんだりできそうですよねw

ただ現在はまだアーリーアクセスバージョンということで、今後パーツや機能数値など更に充実させていく予定だそうなので楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です