フルサイズ機の必要性!

どうもUZUです。

デジタル一眼レフカメラにハマって15年ほど経ちました。

初めて自分で購入した一眼レフカメラは「EOS Kiss DIGITAL」でした。当時レンズセットで149,800円だったと記憶しています。決して安い買い物では無かったのですが、当時は独身だったので、このくらい平気だろうと何も考えずに購入したのを覚えています。

その後調子に乗って小型ノート PCを購入しA3プリンターも買いました。本当に家族を持ったパパさんとしては夢のようなお金の使い方でした。

15年の間に一眼レフカメラを3台、ミラーレスカメラを2台、ハンディカムを1台、GoProを2個、ドローンを1機・・・・ちょっと書き出すと買ってますね・・・・(汗)

現在はCANONのEOS 70DとPanasonicのGH5をメインに風景写真を撮影しています。広角レンズも標準レンズも望遠ズームレンズもあって自分の撮影範囲では何の不自由も無く楽しめています。

ただ最近問題が出てきました。

雑誌社さんにレビュー用と言うことで色々なレンズを借りる事が多くなりました。

そうすると問題になるのが、フルサイズ機が手元にないんです。

お借りする殆どのレンズは本来フルサイズ機で使うと最適なものが多く、動画を見てくれている方からその事を指摘されるコメントが多いのです。

私としてはフルサイズ機に最適化されているレンズをAPS-Cで使うとこんな感じですよって言うのを見せたいのもあって、堂々と動画を公開しているのですが・・・・やはりみなさんが、仰るようにせっかくならフルサイズ機で撮影もしたいとも思うんです。

中には「レビューするのならフルサイズ機も一緒に借りればいいじゃん」って言うご意見もあるのですが、貸し出すメーカーも常にカメラ本体をスタンバイしているわけでは無いんですよね・・・・

そうなるとやはり私自身がフルサイズ機を1台持っているのが一番良いのだと思えます。

ですが、家族と一緒に生活している以上フルサイズ機を簡単に購入は出来ないんです。

私の使用環境でもっとも手に入れやすく実用的なのはCANONのEOS 6Dmk2なのですが、それでも15万円ほどのコストがかかります。

旧型のEOS 6Dなら9万円ほどなのですが、流石に古いカメラになってしまうし・・・・

じゃやっぱりEOS 6Dmk2だなってなるんですよね。ファインダーの問題やダイナミックレンジの問題がネットなどで取り上げられていますが、利用している方の何人かに話を聞いても問題ないって言ってくれるし、私は風景撮影メインだからファインダーの問題は大丈夫かなって・・・子供の運動会とかは70DかGH5で十分綺麗に望遠に強く撮影できますし!

本当はEOS Rがほしいけど流石にボディに20万円オーバーは、今の私の資産からはかなり厳しいので・・・・そもそもRFレンズの購入まで考えると妻が所持している書類で一気に離婚確定になるし・・・いや・・・それは6Dmk2でも同じか・・・・

と言った感じで非常に悩ましい状況になっております。

今後もレンズのレビューは行う予定ですが、しばらくはフルサイズ機は難しいので、APS-C機で申し訳ないのですが続けさせていただこうと思います。

いずれはフルサイズ機でのレビューを出来るように頑張りますので、今後共宜しくおねがいします。

YouTube始めた頃と今の違い

どうも!UZUです。

タイトルのままなのですが・・・2018年現在、YouTubeの動画を作ることに関してスタイルが少し変わってきた気がします。

まず投稿を始めた2013年は本当に、仕事終わってから気楽に動画を撮影し簡単に編集しYouTubeにアップロード!

その動画を自分で見て楽しんでました。

次第にファンが付いてくれて、5,000人・・・10,000人と・・・

この頃は1000人増える毎に普段呑まないのに、自分でお酒を買って家で呑むという変な行動をしていましたw

そして20,000人・・30,000人・・・だんだん視聴者の数が増えてきて、この頃からちょっと高額な商品のレビューも増えだしました。

この記事を書いている時点では約45,000人のチャンネル登録者がいます。

今でも動画を撮影したり編集したりが楽しくて深夜や早朝に時間がアレばカメラやMacをイジってますw

そして2018年4月より小学館のDIME経由で商品を定期的にお借りして、色々とレビューもさせていただいています。

2017年までは、どちらかと言うと1人で好きにやっているYouTubeなので撮影も適当!編集もあっさり!そして楽しく続けているだけ!と言うスタンスでした。

楽しく!ってところは今も変わりません。

ですが、最近はあまりにも適当なだけじゃ駄目じゃないかと考えるようになりました。

そこで変わったのが、動画を撮影する前に文字起こしをするという事です。

そうは言っても毎回ではなく、出来る限りという範囲ですが、やはり動画でこれだけ多くの方に視聴していただけるようになると、間違いや勘違いが多いと影響が出てしまうと思ったからです。

それと照明も以前は全く気にしていなかったのですが、レビュー用に頂いた照明を使って少しでも均一に明るく映像が見れるように工夫するようになりました。

これからも撮影方法や話し方を変えることは有ると思いますが、動画を始めた最初の気持ち

「自分が楽しく続ける」

って事を忘れずに動画配信を続けていきたいと思います。自分が楽しめなければ、視聴してくれる方も楽しい訳ありませんからねw

 

撮影交流会も現在2回ほど行いましたが、来てくれた方からは「ゆるい感じ」がUZUらしいという事で喜んでいただけています(^o^)

YouTubeは今後も1人でネタを考え、撮影し編集するスタイルだと思いますが、実はYouTube以外に動画配信のステージが増える予定です・・・そちらは撮影編集は基本は1人なのですが、企画提案や動画のチェックなど他の人も関わるもものになるので、緊張感をもって動画を作りたいと思いますw

まだ公に公開できる情報は無いのですが10月に普段YouTubeを見てくれている皆さんに情報公開したいなぁって思っています。

これからもマイペースに動画を用意していきますので、今後共お付き合いいただける方はよろしくお願いいたしますm(_ _)m

第2回 UZUの撮影交流会 

どうも!UZUです。

前回は「浅草」で行った撮影交流会!撮影ほとんどしないで、おしゃべり中心になってしまいましたw

でも来ていただいた方々は楽しかったと言ってくれて良かったです。

やはりカメラが好きな人が同じ場所に集まってお話したり撮影したりするのは楽しいですよね。

で、そのときに思ったのがやはり、ある程度テーマがないと撮影しにくいのかなって・・・1回目では漠然と浅草を撮影すると言っただけだったので、例えば「赤い物」「乗り物」などの縛りがあった方が撮影しやすかったかなって・・・

そこで第2回!は「羽田空港」にしました。

ここではおそらく飛行機が中心になるし、空港内の食べ物や飲み物になるかも知れませんが、ある程度範囲を絞って撮影できると思いました。

私自身、この発表をする前に一度羽田空港で飛行機を撮影してきたので、現場の雰囲気や撮影ポイントを事前に下調べすることが出来ました。

9月15日開催ということで、このブログを書いている2週間後くらいのイベントですが、今から今回はどんな方々が来てくれるのか楽しみです。

当日は12時からとお伝えしていますが、私は家からは結構時間のかかる場所なので、もしかしたら前日にカプセルホテルを利用するかも知れません。

今回は一眼カメラで望遠ズームを利用している方が楽しみやすい場所ではありますが、私とただお話をしたいという方でも歓迎ですので、自分は一眼カメラ持ってないから行けないなんて思わず、気軽にお越しいただけると嬉しいです。

もちろん、今まで一眼カメラを使ったこと無いけど、どうやって始めたら良いか?とか使い方がまだよくわからないって言う初心者の方も大丈夫ですよ!

UZUの撮影交流会に関しては今後も定期的に色々な場所で開催したいと思っていますので、今回場所が遠くて参加できないという声も多く頂いております。後々は西日本や東北や北海道での撮影交流会も行いたいと思っていますので、そのときは宜しくおねがいしますm(_ _)m