2020年ロードバイクを初めて

どうもUZUです。

久しぶりのブログ更新になります。

2020年は6月からロードバイクを始め現在2020年10月、4ヶ月程よく乗り続けています。9月末には富士ヒルクライムというイベントも経験し、10月には茨城の霞ヶ浦1周も行ってきました。

昔からやっているYouTubeも新しい自転車専門チャンネル(UZUの自転車)を作り、有り難いことに地元の方を中心に多くの方に観ていただいてます。

何も知らずに始めたロードバイクですが、サイクルショップの方やYouTubeのコメントで色々教えてもらい、今ではある程度の知識は得られてかなと思ってます。まだまだ間違いをしては突っ込まれてますがw

乗り始めの頃は山を自転車で登るってのが信じられないくらい辛くて、何度も地元の山で足を付きながら走行してましたが、何度も坂道を経験すると登れるようになるものですね。自分自身驚いてます。

今は時間があればロードバイクに乗って近隣を中心に走ってますが、今後は様々な場所で安全にロードバイクに乗れればと思ってます。

動画配信者らしくその時にしか無いその場所の景色を動画で記録していきたいと思います。

2019年に挑戦するもの

どうも!UZUです。

2018年12月は忙しく過ごせています。

1日から地元のカフェでYoutubeキッズ講座をはじめて開催し、翌日には越谷で行われた産業フェスタでの撮影!その週にGoProの総代理店タジマモーターコーポレーション会長田嶋さんとの会食!

翌週には2019年から可動するYoutube事務所との契約で大阪に・・・・関東に帰ってきてからはYahoo!クリエーターズの忘年会ということで都内のイベント会場へ・・・

Yahoo!クリエーターズ

https://creators.yahoo.co.jp/uzumax/0300004972

12月の後半に入ると新しいゲーム(おもちゃ)の発表会の撮影に呼んでいただき、今後も継続的に興味のあるイベントがあったら撮影にきてほしいと言っていただきました。その撮影終わりに電車で帰宅途中に2019年最初のお仕事の依頼が別のところからも・・・・

本当に色々とお誘いいただけるようになりました・・・Youtubeで自分を露出しているので企業からは声をかけやすいのかもしれませんね。

ただ私としてはYoutubeを中心に小学館とYahoo!の仕事を今は一番に考えているので、その他の仕事は本当に自分がやりたいと思うもの以外は、セーブしようと思っています。やはり何でも受けてしまうと、作業がやりきれません。

Youtubeの動画も以前に比べて時間をかけて用意するものも増えていますし、メーカーからの案件もたくさん頂いています。

2019年は新しく始まるYoutube事務所FANMAKEに加入してどうなるか分かりませんが、2018年以上に色々な事に挑戦できたらと思っています。現在は個人でセミナー系や撮影案件を受けている状態ですが、これらのお仕事が事務所を通して上手い形になると良いのですが・・・。

あ!・・Yahoo!クリエーターズも気に入ったCreatorを登録できるようになったようです。もし動画をご覧になって気に入っていただければ「フォロー」よろしくおねがいします。

Yahoo!クリエーターズ活動を一ヶ月終えて・・・

どうも!UZUです。

11月からはYahoo!の新しい動画サービスのメンバーに加えていただきました。

今まではYouTubeを中心に活動していましたが、新しいプラットフォームで動けることに感謝しています。

これも今まで私のYouTube動画を見てくれている視聴者様あっての、お仕事ですのでありがたいです。

さて、そのYahoo!クリエーターズなのですが、やはりYouTubeとは色々と異なる点が多く感じれます。

①YouTubeと違って短い動画が好まれる。

②音が無くても楽しめる内容が好ましい。

③情報は正確にまとめたものが良い。

と言った感じでしょうか・・・まだ一ヶ月ではなんとも言えませんが、少なくともYouTubeのように変に冗談を入れたり騒いだりするのは違うかなぁって感じます。

Yahoo!のサービスを利用する方がYouTubeに比べて年齢層が高いというのも理由だと思いますし、記事や動画はどちらかと言うと楽しむためではなく、短い時間で正確な、そして新鮮な情報を手に入れたいと言う層が多いかと感じます。

https://creators.yahoo.co.jp/uzumax/0300001466

サービス開始から一ヶ月経過して、動画Creatorもだいぶ増えてきたみたいですね。

色々な方の動画を見るのも楽しいです。

パターンとしては

・元々、文字を仕事とする方たちの写真とテロップを中心とした情報の伝わりやすい動画。

・YouTuberとして活躍している方たちの、YouTubeと同じ様なパターン。

・おもしろ系ではテレビで使われるようなベタな演出だけど、どこか新しい時事ネタ番組。

などなどホント、色々な表現方法があって楽しめます。

私はYouTubeは自由に自分の好きな事を好きなように楽しんでいますが、Yahoo!クリエーターズの方はお仕事として意識しながら、動画を作り続けていきたいと思います。

やり方に関しては今後も変化はあると思うのですが、動画を作ることを楽しむという自然スタイルは崩さないように心がけていこうと思います。楽しんで続けられないと見る方にもバレちゃいますからね(*´ω`*)

という感じで、普段私のYouTube動画を見てくれている方は

「あれ?なんでUZUさん喋らないの?」

「もっと説明してほしいし、面白いことやってほしい」

と思われると思いますが、私個人としても色々な表現を探るのは楽しいのでYahoo!クリエーターズはYouTubeとは違った動画作りを目指します!

もちろんYouTubeで同じネタ(商品)を紹介することも多くなると思われますので、情報をもっと欲しい方!ふざけた演出を見たい方はYouTubeの方で楽しんでください!

まだまだ始まったばかりのサービス!

Yahoo!から「おまえ、もういらないよ」って言われないように頑張っていきます!

フルサイズ機の必要性!

どうもUZUです。

デジタル一眼レフカメラにハマって15年ほど経ちました。

初めて自分で購入した一眼レフカメラは「EOS Kiss DIGITAL」でした。当時レンズセットで149,800円だったと記憶しています。決して安い買い物では無かったのですが、当時は独身だったので、このくらい平気だろうと何も考えずに購入したのを覚えています。

その後調子に乗って小型ノート PCを購入しA3プリンターも買いました。本当に家族を持ったパパさんとしては夢のようなお金の使い方でした。

15年の間に一眼レフカメラを3台、ミラーレスカメラを2台、ハンディカムを1台、GoProを2個、ドローンを1機・・・・ちょっと書き出すと買ってますね・・・・(汗)

現在はCANONのEOS 70DとPanasonicのGH5をメインに風景写真を撮影しています。広角レンズも標準レンズも望遠ズームレンズもあって自分の撮影範囲では何の不自由も無く楽しめています。

ただ最近問題が出てきました。

雑誌社さんにレビュー用と言うことで色々なレンズを借りる事が多くなりました。

そうすると問題になるのが、フルサイズ機が手元にないんです。

お借りする殆どのレンズは本来フルサイズ機で使うと最適なものが多く、動画を見てくれている方からその事を指摘されるコメントが多いのです。

私としてはフルサイズ機に最適化されているレンズをAPS-Cで使うとこんな感じですよって言うのを見せたいのもあって、堂々と動画を公開しているのですが・・・・やはりみなさんが、仰るようにせっかくならフルサイズ機で撮影もしたいとも思うんです。

中には「レビューするのならフルサイズ機も一緒に借りればいいじゃん」って言うご意見もあるのですが、貸し出すメーカーも常にカメラ本体をスタンバイしているわけでは無いんですよね・・・・

そうなるとやはり私自身がフルサイズ機を1台持っているのが一番良いのだと思えます。

ですが、家族と一緒に生活している以上フルサイズ機を簡単に購入は出来ないんです。

私の使用環境でもっとも手に入れやすく実用的なのはCANONのEOS 6Dmk2なのですが、それでも15万円ほどのコストがかかります。

旧型のEOS 6Dなら9万円ほどなのですが、流石に古いカメラになってしまうし・・・・

じゃやっぱりEOS 6Dmk2だなってなるんですよね。ファインダーの問題やダイナミックレンジの問題がネットなどで取り上げられていますが、利用している方の何人かに話を聞いても問題ないって言ってくれるし、私は風景撮影メインだからファインダーの問題は大丈夫かなって・・・子供の運動会とかは70DかGH5で十分綺麗に望遠に強く撮影できますし!

本当はEOS Rがほしいけど流石にボディに20万円オーバーは、今の私の資産からはかなり厳しいので・・・・そもそもRFレンズの購入まで考えると妻が所持している書類で一気に離婚確定になるし・・・いや・・・それは6Dmk2でも同じか・・・・

と言った感じで非常に悩ましい状況になっております。

今後もレンズのレビューは行う予定ですが、しばらくはフルサイズ機は難しいので、APS-C機で申し訳ないのですが続けさせていただこうと思います。

いずれはフルサイズ機でのレビューを出来るように頑張りますので、今後共宜しくおねがいします。

YouTube始めた頃と今の違い

どうも!UZUです。

タイトルのままなのですが・・・2018年現在、YouTubeの動画を作ることに関してスタイルが少し変わってきた気がします。

まず投稿を始めた2013年は本当に、仕事終わってから気楽に動画を撮影し簡単に編集しYouTubeにアップロード!

その動画を自分で見て楽しんでました。

次第にファンが付いてくれて、5,000人・・・10,000人と・・・

この頃は1000人増える毎に普段呑まないのに、自分でお酒を買って家で呑むという変な行動をしていましたw

そして20,000人・・30,000人・・・だんだん視聴者の数が増えてきて、この頃からちょっと高額な商品のレビューも増えだしました。

この記事を書いている時点では約45,000人のチャンネル登録者がいます。

今でも動画を撮影したり編集したりが楽しくて深夜や早朝に時間がアレばカメラやMacをイジってますw

そして2018年4月より小学館のDIME経由で商品を定期的にお借りして、色々とレビューもさせていただいています。

2017年までは、どちらかと言うと1人で好きにやっているYouTubeなので撮影も適当!編集もあっさり!そして楽しく続けているだけ!と言うスタンスでした。

楽しく!ってところは今も変わりません。

ですが、最近はあまりにも適当なだけじゃ駄目じゃないかと考えるようになりました。

そこで変わったのが、動画を撮影する前に文字起こしをするという事です。

そうは言っても毎回ではなく、出来る限りという範囲ですが、やはり動画でこれだけ多くの方に視聴していただけるようになると、間違いや勘違いが多いと影響が出てしまうと思ったからです。

それと照明も以前は全く気にしていなかったのですが、レビュー用に頂いた照明を使って少しでも均一に明るく映像が見れるように工夫するようになりました。

これからも撮影方法や話し方を変えることは有ると思いますが、動画を始めた最初の気持ち

「自分が楽しく続ける」

って事を忘れずに動画配信を続けていきたいと思います。自分が楽しめなければ、視聴してくれる方も楽しい訳ありませんからねw

 

撮影交流会も現在2回ほど行いましたが、来てくれた方からは「ゆるい感じ」がUZUらしいという事で喜んでいただけています(^o^)

YouTubeは今後も1人でネタを考え、撮影し編集するスタイルだと思いますが、実はYouTube以外に動画配信のステージが増える予定です・・・そちらは撮影編集は基本は1人なのですが、企画提案や動画のチェックなど他の人も関わるもものになるので、緊張感をもって動画を作りたいと思いますw

まだ公に公開できる情報は無いのですが10月に普段YouTubeを見てくれている皆さんに情報公開したいなぁって思っています。

これからもマイペースに動画を用意していきますので、今後共お付き合いいただける方はよろしくお願いいたしますm(_ _)m

自作パソコンを自由に作れるシュミレーターを試してみた

どうも!UZUです!

パソコンのゲーム配信プラットフォームのSteamで見かけた「PC Building Simulator」が気になっていたのですが、セール価格で安くなっていたので購入して試しちゃいました!

単純にゲームと言っても工作シュミレーターだから、決められたパーツでフリースタイルで組んで楽しむだけのゲームかと思っていたら、キャンペーンモードでミッションをこなしていく遊びが合ったり、自作パソコンの基礎知識を学べるモードが合ったりで結構充実していました。

特にキャリアモードはメールで依頼を受けてパソコンショップのサポート担当者を疑似体験できるのが面白いです。パソコンで困っている人たちの助けになったりできると充実感もありますw

フリービルドモードでは好きなPCケースやパーツを使って組み上げて、独自の性能テストツールを利用してベンチマークを計れるのが楽しいですよ!

私はうっかり最初のフリービルドモードでのPC作成途中でCPUにグリス塗るの忘れました(*´ω`*)

実際にプレイしてみて思ったのは、パーツがもう少し増えてもいいかなって思いました!

そうは言ってもIntelならSkylake世代からCoffee Lakeまで、AMDならAPUを除くRyzen 第1世代および第2世代のCPUと、Threadripperが選択できる。

なかなか選択肢は多い状態だ!

現在の性能との違いを楽しんだり悲しんだりできそうですよねw

ただ現在はまだアーリーアクセスバージョンということで、今後パーツや機能数値など更に充実させていく予定だそうなので楽しみです!

Huaweiの新型スマホP20Proを使ってみてコレはズルいわって思った

どうも!UZUです。

最近は小学館のDIME編集部からスマホを貸してもらっていますが先日借りたスマホがカメラ性能が良すぎてびっくり!

Huawei P20Pro

基本性能ももちろん「Hisilicon Kirin 970 2.36GHz オクタコア」を搭載していて何をやってもサクサク快適に動作します!

バッテリーも特別多くはないのですが4000mAhあります!必要十分の電池持ちです。

人によっては欠点となる「外部ストレージが使えない」「イヤホンジャックが無い」という点がありますが、それは最近の高性能スマホでは普通ですし我慢我慢w

今回はP20Proと合わせてP20liteもお借りしたんですが、どちらも端末が薄くて持ちやすいデザインなので大きさが丁度よいのがまた最高ですね!GalaxyS9も素晴らしい大きさのバランスですが、そうなってくるとSONYのXperiaXZ2の大きさが残念に思えてきます。SHARPのAQUOS R2だって持ちやすい大きさに調整されているのに・・・あ・・・「インカメラの部分(のどちんこ)」は最低のデザインセンスですけど・・・

そうそう!P20Proと言ったらやはりカメラの感想ですよね!

ズバリ!現在のスマホのカメラとしては飛び抜けて優れていると思います。やはりセンサーサイズが1/1.7と言うのが凄いのでしょうか?色も綺麗だし撮影の仕方によってはボケもいい感じで表現できます。

最近は標準搭載になりつつあるAIモードも多くのパターンを用意しているらしく「花」「夜景」「ポートレート」などバシバシ切り替わってくれます。

dav

rhdr

私は普段は一眼カメラで風景撮影をしていますが、スナップ写真だったらこのP20Proで十分だと感じるとこがたくさんありました。解像度は4000万画素クラスで一般的な一眼カメラよりも高画素ですw

そしてスマホのSoftwareで色の補正や手ブレの修正なども自動で行ってくれます。驚いたのは娘の誕生日の写真で蝋燭の明かりだけの写真なのですが、片手で持って気軽に撮影したのに素晴らしい画になっていました。

毎年わざわざ一眼カメラを三脚に固定して撮影していたのに、P20Proがあればそんな面倒な事しなくて良いんですから驚きです。

rpt

さらにポートレートモードの中のライディング撮影ですが使い方は難しいところもありますが、簡単にプロの写真家気分が味わえるのは面白いですね!

fairlight

ただカメラ機能が全て最高というわけでは無く、気になることもあります。

まずAIモードがちょっと効きすぎることもあって自然な色を好む方はOFFにして使い分けが必要になると思います。どうしても加工が過剰になってしまうシーンというのもあります。

あとは5倍までのズームは実用度高いのですが10倍のデジタルズームがちょっと扱いにくい印象でした・・・ぶれます・・かなり・・

今回お借りした端末は2台とも顔認証を備えています。どちらも正確に認証してくれて快適に端末を使うことができます。写真でも認証できてしまうのではないかと心配する方もいると思いますが、実際に試して認証できなかったので大丈夫です。

メガネは認証できましたがサングラスは認証できませんでした。

顔認証がもしできなかった場合でも指紋認証と併用できるところがiPhoneXとの違いですね。あとGalaxyS9の顔認証も試したのですがHuaweiのほうが認証スピードや精度は上という感じでした。

試すことが多かったのですがPCモードも実際に使ってみました。私はMacBook用にType-CのUSBハブを持っていたのでさっそくPCモニターと繋げてみました。スマホの画面に案内が出てすぐにモニターに画面が映りました。昔の専用機器を用意しなければならない端末とは大違いですね。

PCモードは快適でした。まず文字や写真が大きく表示できるので画像確認やデータ入力などの作業がはかどりますね。キーボードやマウスとも繋げられますが、もしばければスマホ自体をマウスやキーボードとして使うこともできます。

PCやMacの代わりと言うにはさすがに無理がありますが、YouTube視聴やWEBページ閲覧などだったら十分に使い勝手は良いと思います。

パソコンはいらないっていう方にはP20ProのPCモードはありがたい機能だと思うので、使う方は是非Type-Cのハブを用意しておいてくださいませ!

この文章を書いている時点ではまだ端末は借りていられそうなので、もう少し使ってみてYouTubeでお話をしたいと思います!

ではでは、ご覧頂きありがとうございました!

よろしかったらUZUのYouTubeもご覧くださいませm(_ _)m

霧の中の日光東照宮

どうも!UZUです(*´ω`*)

今回は雨の日の撮影!日光に用事があって立ち寄っているときでした。天気予報ではその日はずっと雨の予報だったのですが、お昼くらいに小ぶりになりました。そして霧が強く出ていて、これは東照宮撮影するのに良いんじゃないかと思い、いそいそと車を走らせました。

現地に到着すると「西参道第一駐車場」というところが空いていたので510円の駐車場料金を前払いし、最低限の機材を準備し車から出ました。本日も相棒はEOS70Dと「17-40mmf4」「70-200mmf2.8」のレンズ!そしてカバンに装着済みのManfrottoのbefreeです。

輪王寺に続く階段のところでおばさま集団に道を聞かれたのでスマホで確認し教えてあげました。

そのまま階段を登りながら何枚か撮影してカメラにSDカードを挿れるのを忘れていました。慌てて駐車場の車まで戻りSDカードを装備。

先程のおばさま集団は別の若い二人組の男性に再び輪王寺の場所を聞いていました。そして「僕達知らないですよ」と対応されていました。

・・さっき私が教えたのに聞いていなかったのか・・信じてもらえなかったのか・・・ちょっと悲しかったです。

再び気を取り直して霧の中の東照宮を撮影しだしました。

 

天候は小雨で傘をさしてる人は少数でした。私は三脚を使って撮影するときだけ傘をさしました。じっとしてると結構木の枝や葉から大きな水滴が落ちてくるので・・・

やはりレインコートや長靴は必要ですね・・・

霧の中の東照宮は幻想的でとても綺麗でした。少し歩いては立ち止まり、夢中になって撮影してしまいました。何度か海外の方が挨拶してくれたり、ジロジロ見られたりもしました。なかには通りを歩くけど大丈夫と声をかけてくれたカップルもいました。笑顔がとても素敵なカップルでした。思わず後ろ姿を撮影しちゃいました。手を握り合って同じ歩幅で歩く二人が微笑ましかったです。

東照宮での撮影に区切りを付けて、駐車場から北側に道路を歩き有名な「神橋」を撮りに向かいました。

その途中で川向うに感じの良い桜が1本あったので撮影したのですが、霧が強すぎて難しかったです。

神箸は霧の中でいつもにもまして、不思議な雰囲気になりました。橋の先が霞んでとても美しい画になりました。

神橋の撮影を終え車の止めてある駐車場に向かおうとした時に木々と川を上手く写せそうな場所があったので、リュックの中から「NDフィルター」を取り出しレンズに装着しました。

霧が出ているとは言えフィルター無しだと川の流れを捉えるのに光量が強すぎるからです。思った通り良い感じに撮影できました。

晴れの日の撮影が快適なのは勿論なのですが、雨や霧の悪天候も被写体によっては素晴らしい魅力を出してくれますね!

悪天候撮影を行いやすい装備を充実させて今後も積極的に撮影に赴きたいと思います。

ほんと、撮影って楽しい!

初めての交流会開催にあたって

どうも!UZUです。

YouTubeで活動続けること5年ほどになりますが初めて視聴者参加型企画を行います。

元々私はYouTubeで好きなことを話してその話を好きで聞いてくれる方がいることに満足して続けていたのですが、最近は外出時にた、またま視聴者の方と会うと喜んでくれたり、見かけたけど声をかけにくかったと言っていただくことも増えました。ありがたいことにYouTubeでの視聴者はそこそこ多くなってきましたし\(^o^)/

そういった事もあり多くの方にYouTubeをとおして声をかけやすい私ならではの、視聴者参加型の企画を行ってみたいなと思っていたところ、最近自分自身がハマっている撮影を合わせたら面白いのではないかと今回の「UZUの撮影交流会」を企画してみました。

カメラが好きな人って沢山いると思います。

・カメラ自体が好きな方

・撮影が好きな方

私は以前は撮影よりもカメラ自体に興味があって色々な製品を試しながらメーカーのコンセプトや方向性の違いを調べるのが好きでした。

ただ最近は風景撮影に興味を持って都会と田舎で撮れる風景と言うものを持っている機材で切り撮っています。

撮影が好きな方でも撮る物は色々別れますよね。

・人物を撮影する ポートレート!

・気になった物をその場で撮影する スナップフォト!

・興味を持った風景を撮影する ネイチャーフォト!

・可愛い子供を撮影する キッズフォト!

・仕事やネットオークション用で撮影する 物撮り!

大きく分けても色々な撮影対象がありますが細かく分ければ更に女性だけを撮るとか車だけを撮るとかこだわりも出てくると思います。

今回の私の企画はテーマはフリーです。

エリアだけ都内と限定しましたが、猫や犬の写真でも良いですし、男性・女性などのポートレートでも構わないです。建築物にこだわるのも面白いと思います。おそらくスナップ撮影が一番多いとは思いますけど(*´ω`*)

参加していただける方が何人になるかはわかりませんが、集まった人の分だけ色々なジャンルの写真が出てきそうで楽しみです。

集まった方々で各々の機材を見せ比べて話に盛り上がるのもいいと思います。

やはり機材の長所短所を聞くのは利用している人から聞くほうが為になる事が多いと思います。

あとどうしてもこういったカメラのイベントだと一眼カメラを持ってないと参加しにくいって事もあると思いますが、私のイベントはスマホだけでもコンデジでも全然OKです。

スマホだけで撮影したもので写真集もありますし、十分面白い写真が撮れるのもわかっていますので。

普段写真を撮らない方も是非参加していただきたいと思います。

あと動画でも喋りましたがこれからカメラを初めてみたいという方がいましたら、相談にも乗れます。

何を選んで良いのか解らないという方には特に使う用途をお聞きしておすすめをさせていただきます。あくまでおすすめですよ。

今回企画した撮影交流会は私自身初めての試みなので、どうなるか不安もありますが、まずはカメラが好きな人が集まって楽しめるものにしたいと思います。

 

Canonのカメラを使い続けていて気になるSONY

どうも!UZUです。

Canonのデジタル一眼レフカメラを使いだして15年ほどが経ちました。

EOS Kiss Digitalを仕事でためたお金で購入しカメラの楽しさを知ってしまい、2年後にはEOS20Dを購入!

結婚するまでの3年ほどは趣味で自由に色々なものを撮影していました。

結婚してからも1年後には妻に内緒でEOS40Dを購入し、1週間後・・・小さい娘に離乳食を与えている時にバレて凄い勢いで怒られショッピングモールからの無言の帰宅をしたのがまだ最近のようにも思えます。

結婚後は娘を撮影することばかりになってしまいましたが一眼レフカメラのお陰で沢山の娘のきれいな写真を撮影することが出来ました。

その後、YouTubeにはまり動画撮影機が欲しくて当時処分品として価格が下がっていたSONYのNEX-5Rをこっそり購入して初のミラーレス機のコンパクトさに驚きながら幼稚園児になった長女を撮影していました。まぁこの頃から一眼カメラはほとんどは動画撮影ばかりになっていましたが・・・

娘の運動会や発表会では相変わらずEOS40Dを活用していました。やはり高性能な望遠ズームレンズを持っている為、スチル撮影のメインはCanonでした。

YouTube活動も2年目になると新しいCanonの一眼レフが欲しくなりEOS70Dを思い切って購入!これでスチル撮影も動画撮影もCanonの一眼レフがメインとなりました。

妻に黙ってカメラを買うこと3回目ですね!

このEOS70Dは家族でお出かけした華蔵寺公園で購入したことがバレました・・・このときは流石に即帰宅はなかったのですが、家に帰ってから絞られました。

このEOS70DはPanasonicのフラグシップモデルDMC-GH5を購入した今でもスチル撮影の主戦力となっていて、いつも持ち歩いています。

あ・・妻に内緒でカメラを購入も4度目(もう病気です)でしたが・・・この時は離婚届出されました(T_T)流石に不味かったです。

もう妻は記入済みなので次は・・・・・・・・

そうそう!ここでSONYの話です・・・・

最近、写真家やハイアマチュアカメラマンでCanonを使っていた人が追加、もしくは乗り換えでSONYのα7に変えるというのをよく聞きます。理由は人それぞれですが、フルサイズでセンサーも優秀!AFの追従性能も新型のα7RⅢでは評価の高いNIKONのD850に迫る性能と言われています。

私もSONYのα7Rとα7RⅢは実際に使わせてもらったことがあるので解るのですが、特に現行モデルは凄いと感じます。初期型は本体内手ぶれ補正が無かったり、AFもコントラストAFしか無くて(α7は初期モデルもファストハイブリッドAF搭載)ちょっと偏ったカメラだなと思っていたのですが超進化しましたね(*´ω`*)

私は最近は風景撮影を主にしているのですが、そうなるとやはり欲しくなるのはフルサイズ機です。ここで贅沢な悩みが発生するわけですねw

EOS5Dmk4かα7RⅢか(T_T)

正直この2台が理想なのですが現実的には

EOS6Dmk2かα7Ⅲ

と言う選択になると思います、←これも厳しい

ここで問題になってくるのが、レンズ資産です・・・・カメラを初めてまだセットレンズしか持っていないのならともかく、私の場合はレンズだけで40万円相当・・・ストロボもあるし・・・

となると簡単には乗り換えできないんですよね・・・・カメラを追加購入という贅沢な考え方も出来るのですが、PanasonicのGH5を所持していて解ったのですが、一般のお父さんが複数メーカーのカメラを持っていてもレンズやアクセサリーは揃えられないんです。

結局私もPanasonicのレンズは本体と一緒に購入した標準ズームレンズが1本あるだけで追加できていません。そんなお金があればCanonのレンズをもう一本増やしてしましますw

こんな感じで他メーカーに乗り換えるのがやはり難しいのが現実なんですよね・・・・・

でも実際CanonのEOS6Dmk2で風景写真を沢山撮影している写真家の方もいますしSONYに一度は乗り換えたけどまたCanonに戻ってきたという方もいます。無理してSONYに乗り換える必要は無いんですよねw

あぁ・・・でもいずれフルサイズ機を購入しようとしたら、また悩むことになりそうです。