YouTubeでカメラの話をする時に!

どうも!UZUです。

最近色々なカメラメーカーやレンズメーカーから商品をお借りしてYouTubeでレビューすることが増えました。

私の普段の動画は自宅の部屋で定番の構図でお喋りするのがオーソドックスなのですが、カメラやレンズの感想動画の時は、外で撮影した映像を使うことが多いです。

その理由と考え方なのですが、カメラやレンズは小学館のDIME編集部を通してお仕事としてメーカーから借りています。

「こんな形してます」

「こういう機能があるんですよ」

などと自宅でお話だけしても申し訳なく感じてしまうんですよね・・・・

なので実際に使ったところを動画でお見せして、実際に撮れた写真も公開しています。

それともう一つ!撮影が好きな人って、何処に撮影に行ったら良いかで悩む事が多いと思います・・・

先日、埼玉県日高市の「巾着田 曼珠沙華まつり」の撮影に行って、TwitterやYouTubeを見てくれている方が同じように現地に足を運んでくれた方が何人かいました。たまたま一番旬な時に行けたというのもあるのですが・・

そう言った撮影地の参考にもなると良いなぁと思い、最近は外の撮影風景を動画に入れています。

ただこのやり方は当然ですが非常に非効率的で、撮影する場所まで行って一人で写真と動画を撮影するのですごく手間ですし、時間がかかります。動画によっては1つのYouTube動画を作るのに8時間(移動時間込み)以上の労力を割くこともあります。

普段のおしゃべり動画だけなら撮影編集からYouTubeへのアップロード含めて2時間もかかりません。

時間をかければ人気の動画になるというものでもないので、完全に自己満のカメラレビューになってしまいますが、私自身も色々なカメラや機材で撮影できるのも楽しいし、見てくれる人も楽しめると思うのでこのスタイルは出来る限り続こうと思ってます。

まだ色々と大変な部分もあって遠方に撮影に行くことは叶っていませんが、もし出来るようになれば日本全国回って色々な撮影を行いたいなって夢があります!

これからも楽しく解り易いYouTube動画を作っていこうと思っていますので、見ていただける方は今後共よろしくお願いいたします。

 

第2回 UZUの撮影交流会 

どうも!UZUです。

前回は「浅草」で行った撮影交流会!撮影ほとんどしないで、おしゃべり中心になってしまいましたw

でも来ていただいた方々は楽しかったと言ってくれて良かったです。

やはりカメラが好きな人が同じ場所に集まってお話したり撮影したりするのは楽しいですよね。

で、そのときに思ったのがやはり、ある程度テーマがないと撮影しにくいのかなって・・・1回目では漠然と浅草を撮影すると言っただけだったので、例えば「赤い物」「乗り物」などの縛りがあった方が撮影しやすかったかなって・・・

そこで第2回!は「羽田空港」にしました。

ここではおそらく飛行機が中心になるし、空港内の食べ物や飲み物になるかも知れませんが、ある程度範囲を絞って撮影できると思いました。

私自身、この発表をする前に一度羽田空港で飛行機を撮影してきたので、現場の雰囲気や撮影ポイントを事前に下調べすることが出来ました。

9月15日開催ということで、このブログを書いている2週間後くらいのイベントですが、今から今回はどんな方々が来てくれるのか楽しみです。

当日は12時からとお伝えしていますが、私は家からは結構時間のかかる場所なので、もしかしたら前日にカプセルホテルを利用するかも知れません。

今回は一眼カメラで望遠ズームを利用している方が楽しみやすい場所ではありますが、私とただお話をしたいという方でも歓迎ですので、自分は一眼カメラ持ってないから行けないなんて思わず、気軽にお越しいただけると嬉しいです。

もちろん、今まで一眼カメラを使ったこと無いけど、どうやって始めたら良いか?とか使い方がまだよくわからないって言う初心者の方も大丈夫ですよ!

UZUの撮影交流会に関しては今後も定期的に色々な場所で開催したいと思っていますので、今回場所が遠くて参加できないという声も多く頂いております。後々は西日本や東北や北海道での撮影交流会も行いたいと思っていますので、そのときは宜しくおねがいしますm(_ _)m

オクトパストラベラーが100万本!良いものは売れる!

どうも!UZUです。

タイトル発表のときから注目していたスクエアエニックスのRPG「オクトパストラベラー」

売れてますねぇ!嬉しいです。

発売してからも私のYouTubeチャンネルで10時間毎のプレイ感想動画を公開して楽しませていただいてます。

おじさんのプレイ感想なんか、そんなに興味ないかと思いきや意外と人気のシリーズになってしまいました(*´ω`*)

このブログを書いている時点で60時間ほどのプレイ時間を経過したのですが、まだまだ楽しめそうです。

Nintendo Switchのオリジナルタイトルとしては「ゼルダの伝 ブレスオブワイルド」「ゼノブレイド2」に続く人気RPGになれたと思います。

グラフィックは20年以上前に遊んだドットベースでありながら、新しい映像表現を加えた進化型になっていて昔を懐かしみながら新しいゲームをプレイしている感覚になれます。

驚いたのは最近は「スカイリム」「ウイッチャー3」などの海外RPGの完成度に驚かされてばかりだったのですが、このオクトパストラベラーは海外でも非常に売れているということです。

日本の昔ながらのRPGが世界で受け入れられるのは本当に嬉しいですね。

さてさて、このゲームの感想は自分のYouTubeチャンネルで散々喋っていますので、ご興味の有る方は是非御覧くださいませ。

時間ごとに感想を上げているのでプレイ中の方は、自分の進行具合に合わせて見ていただけると、より楽しめると思います!

この様な素晴らしいゲームを生み出してくださった制作関係の皆様に感謝とともに、オクトパストラベラーのさらなる売上を期待し私もまだまだプレイし続けようと思います。

最近のYouTubeの案件事情【2018年7月版】

どうも!UZUです。

ここ最近、YouTubeのチャンネル登録者も地道に増え、ようやく4万人超えとなりました。

企業などからのメールによる問い合わせも少し変わってきて、以前は商品提供だけでというパターンが多かったのですが最近は、制作費用はいくらになるのかと言う提案も混じってきました。

 

おそらくYouTube事務所のuuumなど影響もあるともうのですが、商品紹介には費用が請求されれと言うことを企業も理解してきたのだと思います。

ですがここで問題となるのが、完全に個人で動画活動をしている私にとって自分の動画の価値価格設定がわからないということなんです。

単純な商品紹介ならば1動画に関して、最近協力させてもらっている小学館のDIMEからの報酬額に合わせると良いのかなって感じなのですが、稀に作成したYouTube動画の二次利用やイベント参加費用などを求められると、全く価格設定がわからなくなります。

特にYouTubeで案件を受けている場合、視聴者層や再生回数に応じて個人価値が変わると思うので今の自分がどの程度のものなのか、わかりかねています。

ただYouTubeは事務所に所属していて人気のある方や影響力のある方など高額で案件を受けている人がいると思うと、あまり手当たり次第に安請け合いをしない方が良いとも思っています。

デザイナーやイラストレーターの方がよく大変な仕事を安請け合いしてしまい本人の価値を落とすだけでなく、同じ仕事をしている人の商品価値まで下げる結果になり、大事な平均報酬額が低下してしまうと言うことを聞い事もあります。

先日、無名のメーカーからイヤホンのレビューを提案されたのですが、制作費に関して回答したら予算オーバーと言うことで諦められました。ですが、これで良かったと思います。一定の報酬額無しで案件に協力してしまうと他にコストを割いて依頼してくれている企業に申し訳ないと思いますし。

インフルエンサーマーケティングというのは最近になって注目されているビジネスですが、まだまだ裾野が広く固定的なフォーマットが出来ていないので上手く回るようになると良いなって思います。

なんだかんだ書きましたが、相変わらず私のYouTubeに対するスタンスは自分が面白いと思うものをお話することが第一なので、楽しくゆるく続けていこうと思います・ω・

いつも見て下さる皆様には感謝感謝でございます。

Surfaceの新型は手の出しやすいエントリーモデル?

どうも!UZUです!

以前はよくSurfaceのネタをYouTubeで扱っていましたが最近はすっかりご無沙汰でした。

先日2018年7月9日にマイクロソフトがSurface Goの発表をしたので私のYouTubeチャンネルでもお話してみました。動画を撮影したときにはネットニュースの記事に目を通した程度で用意してしまったため、日本での発売日や価格に関して誤解していました。結局編集で間違った部分はカットするはめにw

でもどうなんでしょう?確か日本版のSurface Goは日本仕様のOfficeソフトを入れるため価格が2万円ほどアメリカのものよりも高く設定されています。

コレに関してはOffice無しでも構わないという人もいるはずなので、2タイプ用意してくれると助かるんですけどね。

CPUはCore M3に近い性能?と言われているPentiumGold4415Yを搭載されているそうですが、動画編集や画像の多層レイヤー作業は苦手そうですね・・・そうは言ってもネット閲覧やメールのやりとり、文書作成なら活躍してくれそうです。

外回りの多い営業職の方や軽作業でノマドワークされる方にはピッタリの端末だと思います。

実際この使い勝手でアップル製品で並べるとiPadというよりスマートキーボードカバーが使えるiPad Proの方が近い気がします。そうするとCPUの性能差の影響か、価格差がはっきりと出るのでSurface Goのほうがコスパは良いように感じますね。

私は外で使うデバイスとしても動画編集ができる端末が好ましいので今回のSurface GOは手を出さないとおもいますが、確実にこのデバイスの価値を活かせる人はいると思います。

確かLETバージョンも発売するはずなので、ますますビジネスでSurfaceを利用する企業が増えそうですね。

Huaweiの新型スマホP20Proを使ってみてコレはズルいわって思った

どうも!UZUです。

最近は小学館のDIME編集部からスマホを貸してもらっていますが先日借りたスマホがカメラ性能が良すぎてびっくり!

Huawei P20Pro

基本性能ももちろん「Hisilicon Kirin 970 2.36GHz オクタコア」を搭載していて何をやってもサクサク快適に動作します!

バッテリーも特別多くはないのですが4000mAhあります!必要十分の電池持ちです。

人によっては欠点となる「外部ストレージが使えない」「イヤホンジャックが無い」という点がありますが、それは最近の高性能スマホでは普通ですし我慢我慢w

今回はP20Proと合わせてP20liteもお借りしたんですが、どちらも端末が薄くて持ちやすいデザインなので大きさが丁度よいのがまた最高ですね!GalaxyS9も素晴らしい大きさのバランスですが、そうなってくるとSONYのXperiaXZ2の大きさが残念に思えてきます。SHARPのAQUOS R2だって持ちやすい大きさに調整されているのに・・・あ・・・「インカメラの部分(のどちんこ)」は最低のデザインセンスですけど・・・

そうそう!P20Proと言ったらやはりカメラの感想ですよね!

ズバリ!現在のスマホのカメラとしては飛び抜けて優れていると思います。やはりセンサーサイズが1/1.7と言うのが凄いのでしょうか?色も綺麗だし撮影の仕方によってはボケもいい感じで表現できます。

最近は標準搭載になりつつあるAIモードも多くのパターンを用意しているらしく「花」「夜景」「ポートレート」などバシバシ切り替わってくれます。

dav
rhdr

私は普段は一眼カメラで風景撮影をしていますが、スナップ写真だったらこのP20Proで十分だと感じるとこがたくさんありました。解像度は4000万画素クラスで一般的な一眼カメラよりも高画素ですw

そしてスマホのSoftwareで色の補正や手ブレの修正なども自動で行ってくれます。驚いたのは娘の誕生日の写真で蝋燭の明かりだけの写真なのですが、片手で持って気軽に撮影したのに素晴らしい画になっていました。

毎年わざわざ一眼カメラを三脚に固定して撮影していたのに、P20Proがあればそんな面倒な事しなくて良いんですから驚きです。

rpt

さらにポートレートモードの中のライディング撮影ですが使い方は難しいところもありますが、簡単にプロの写真家気分が味わえるのは面白いですね!

fairlight

ただカメラ機能が全て最高というわけでは無く、気になることもあります。

まずAIモードがちょっと効きすぎることもあって自然な色を好む方はOFFにして使い分けが必要になると思います。どうしても加工が過剰になってしまうシーンというのもあります。

あとは5倍までのズームは実用度高いのですが10倍のデジタルズームがちょっと扱いにくい印象でした・・・ぶれます・・かなり・・

今回お借りした端末は2台とも顔認証を備えています。どちらも正確に認証してくれて快適に端末を使うことができます。写真でも認証できてしまうのではないかと心配する方もいると思いますが、実際に試して認証できなかったので大丈夫です。

メガネは認証できましたがサングラスは認証できませんでした。

顔認証がもしできなかった場合でも指紋認証と併用できるところがiPhoneXとの違いですね。あとGalaxyS9の顔認証も試したのですがHuaweiのほうが認証スピードや精度は上という感じでした。

試すことが多かったのですがPCモードも実際に使ってみました。私はMacBook用にType-CのUSBハブを持っていたのでさっそくPCモニターと繋げてみました。スマホの画面に案内が出てすぐにモニターに画面が映りました。昔の専用機器を用意しなければならない端末とは大違いですね。

PCモードは快適でした。まず文字や写真が大きく表示できるので画像確認やデータ入力などの作業がはかどりますね。キーボードやマウスとも繋げられますが、もしばければスマホ自体をマウスやキーボードとして使うこともできます。

PCやMacの代わりと言うにはさすがに無理がありますが、YouTube視聴やWEBページ閲覧などだったら十分に使い勝手は良いと思います。

パソコンはいらないっていう方にはP20ProのPCモードはありがたい機能だと思うので、使う方は是非Type-Cのハブを用意しておいてくださいませ!

この文章を書いている時点ではまだ端末は借りていられそうなので、もう少し使ってみてYouTubeでお話をしたいと思います!

ではでは、ご覧頂きありがとうございました!

よろしかったらUZUのYouTubeもご覧くださいませm(_ _)m

UZUの勝手に写真道1

どうも!UZUです。

ここ最近ひたすら風景撮影に勤しんでいるパパです(*´ω`*)

 

頭の中は仕事やYouTubeの事よりも撮影の事ばかり!どうしちゃったのかしら?ってくらいですw

あ!でも仕事もYouTubeも疎かにはしませんよ!

撮影の方は主に栃木県で行なっています。日光、鹿沼、宇都宮、足利、栃木が中心ですね。本当はもっと範囲を広げたいのですが時間とお金の問題で今のところはこれが限界です。本当は全国周りたいんですけど今の私には無理です。家庭とか仕事とかw

でも、撮影のために色々な地を訪れると新しい発見があって楽しいです。特に他の撮影者の方とのおしゃべりや、現地の方とのお話も楽しませてもらっています。

この間はダムの上で撮影していたら現地のお父さんに、

「綺麗な写真を撮って多くの人に地域の素晴らしさを知ってもらうってのは良い事だ!素晴らしい仕事をしているな!」

とおっしゃっていただいたのですが、すみません・・・仕事では無いんですm(_ _)m

でも、たしかに観光地やあまり知られていない地の風景を綺麗に撮れてそれを見た人が、その場所に興味を持ってくれたら嬉しいですよね!YouTubeで色々な品を紹介するのも、そう言った良い物を多くの方と共有したいと言う気持ちで続けているところもあるので、写真に関しても自分の撮影スキルを向上させながら、多くの方に影響を与えられるように活動を続けていきたいと思います。

DCIM100MEDIADJI_0056.JPG

そんなに頻繁には飛ばせないと思いますが、せっかくDroneもあるので空からの写真も撮れる範囲で収めていきたいと思います。

まだまだ写真撮影に関しては未熟な所が多い私ですが、継続する事が大事だということをYouTubeを通して学びましたのでしっかり取り組んでいきたいと思います。

ありがたい事にYouTubeの写真も応援してくださる方がいてくれるので、その応援を励みにしていきたいと思います。

いつもYouTube、Instagramを見ていただいている皆様に感謝いたします。そして今後も好きな事を自由に行っている私をよろしくお願いします。

クラウドファンディングを行っている会社から「YouTuberとしての写真展や写真集をやりませんか?」という提案を頂いたのですが、まだまだ中身が無いので「今はまだ」とお断りしました。

ですが写真を続ける中でいつか写真展や写真集なども展開したいと思っているので、今はがむしゃらに撮影に集中します!

Adobe製品との付き合い

どうも!UZUです。

最近はAdobeのソフトを色々試しながら四苦八苦して楽しんでいます。

私がAdobeの製品を初めて使ったのは実はIllustratorなんです。20歳のころ日本橋の印刷会社でチラシのレイアウト担当をさせていただいていたのですが、その時に使っていたソフトがIllustratorだったんです。当時はAdobeのソフトも今ほど多くはなくてもっとシンプルだったと記憶しています。

チラシ業界もアナログとデジタルが混じり合っていた時代で、私が入社した年は写植機と言うものがまだ動いていました。2年目にはデジタル作業に移行してしまって無くなってしまったのですが。

私は入社して2年ほどはアナログの作業中心だったのでMacを使っての作業はオペレーターの方の担当でした。ところが入社3年目にもなると一人で全部出来たほうが良いということもあり、MacとAdobeソフトを利用することが増えました。この頃にPhotoshopの基本を覚えました。

チラシの会社は5年ほど努め辞めてしまったのですが、ここで学んだことはかなり現在でも役に立っていると思います。

その後は接客業になったのでAdobe製品を使う機会は減っていたのですが、たまに知人に簡単なチラシを頼まれたりお店で使うPOPを用意することもあったので、自分のMacBookには必ずIllustratorとPhotoshopは入れていました。

ここ最近ではIllustratorは年賀状を作るときくらいしか起動してない気がしますが、PhotoshopとPremiereは毎日使ってますね。

写真のだいぶ撮影することが多くなってきたのでLightroomもかなり起動しています。

Adobeのソフトを知らなければ全く使うことも無く人生を過ごすことになったと思いますが、出会えて良かったです。

私はプロのイラストレーターでも写真家でのありませんが、Adobeの製品があったからYouTubeでも色々な素材や話題を作れますし、次々とやりたいことが思い浮かんできます。

実際には人生で付き合うことが無くても何も問題ないソフトですが、出会って使えるようになると人生が少しでも変わるもの!Adobeの製品はそんな感じがします。

YouTubeにおける企業案件について

どうも!UZUです。

YouTubeで商品紹介をしていると多くの企業から商品を紹介してほしいとメールをいただくことがあります。

そのうちの殆どは商品を無償提供すると言うものなので、ごくたまに報酬ありでの提案もいただきます。

そういった時に最近便利に感じるのはPayPalです。

相手のPayPalに使われているメールアドレスさえわかれば設定済みのアカウントにお金をすぐに送ることが出来ます。もちろん国は関係ないのでアメリカや中国やどこにいてもお金のやり取りができます。

でも残念なのはPayPalから銀行口座にお金を送る場合手数料を取られるところなんですよね・・・・ですので、メーカーから一度Amazonで商品を購入してもらって、その後すぐにPayPalでお金を返金します。っていうパターンが多いのですが、ちょっと損しますw

あとは最近は昔よりも視聴者の方々の意識が変わってきたのかもしれませんが、商品提供動画に関しての受け取り方。

2.3年前までは素人がメーカーから商品をもらって紹介して良いことしか言わない事に低評価や非難コメントが多かったのですが、最近は好意的に視聴してくれる方が増えた気がします。視聴者が慣れてきたのもあると思うのですが、動画内ではっきり提供された品の紹介ですということによってステマでは無いと解っていただけているからかもしれません。

そうそう!提供動画だとどうしても良いことばかり喋ってしまう傾向が多いと思いますが、悪いところもしっかり言わせていただいてます。これはほとんどの企業がそうなのですが、「良いところだけではなくて改善したほうが良いところも言ってください」とメールで言ってくれています。

以前「今回の提供品は自分で買ったということにしてもらえませんか?」という企業もありましたが、お断りしました。

面白いのは日本ではあまり見かけないようなアイテムを中国(特に深セン)の企業が提供してくれることがあるのですが、クラウドファンディングなどで用意された物は面白いものが多いです。

視聴者の中には中国は信用出来ないとう言われる方が多いのですが、Droneを始め今は中国の製品を使わないと最先端とは言えなくなっているので私はどんどん取り入れていきたいと思ってます。

これからも皆さんが気になるアイテムをYouTubeで紹介していけたらいいなぁ、ともいながら今回はここまで\(^o^)/

ようやくですがAdobeのコンプリートプランを使うことにしました。

どうも!UZUです。

ずっと使いたかったけど月額5000円を超えるサービス・・・・

正直一般のパパには厳しい料金です。

ですので昔購入したAdobeのIllustrator CS4とPhotoshop Elementsで我慢してました。

ところがキャンペーンで1年間だけ月額3980円(税別)で利用できるキャンペーンを行っていたので、思い切って契約してしまいました。

非常に厳しい支払いになりますが私のYouTube活動でPremiere・・・2次元作品でなんでも利用できるIllustrator・・・写真でお世話になるLightroom・・・・ロゴやWebパーツで必須のPhotoshop・・

ともかく使いたいソフトが盛り沢山です。

昨年、スチル撮影にはまってLightroomの体験版を試したのですがやっぱり良いですね。写真が楽しくなる。

上記で上げたソフト以外にも気になるものや知らないものが沢山あるので使えそうなものは調べて使ってみようと思います。

これで私のMacBook Proは動画編集・サイト作成・イラストなどなどゲーム以外の使用環境はバッチリ整った感じなので、どこでも作業ができるようになりました。

Adobeの製品は一度使うと手放せなくなりますが、来年も使い続けられるようにYouTube活動を頑張り色々なことを試していきたいともいます。

覚えることはたくさんありますが、本当に楽しませてもらっています。